« パパの奪い合い戦争 | トップページ | ベビーシッターを頼んでも行きたい場所 »

遠くまで来たのに。

 今日もお天気がいいので開放保育園に行くことにしました。

 ママが行きたいのは離れた、B開放保育園。

 もうすぐというところで、A開放保育園のお友達のママが運転する車にすれ違って「あっち行くんだね」と言う話をした。

 A開放保育園は地元の開放保育園。去年まではそこしか行かなかった。

 B開放保育園に到着。

 降りない双子姫。「Aで無いなら行かない!!」と双子姉。

 人の意見に流される双子妹も同じく降りない。

 家の前を通り、A開放保育園に到着。

 ダッシュで走る、双子姫。挨拶も完璧。

 すれ違った子のママに「向こうでなく、ここにしたの?」と言われてしまった。同じ頃に「あの子、向こうの保育園なんだ」と話題されていたらしいです。

 このお母さんにもB開放保育園を勧めたけど、子供さんが「Aがいいの」と言うらしいです。近いBに行きたいらしいけど。

 他の子ばかりの場所に連れて行くと一人で静かにしているそうです。小さい頃は親の友達の子同士で固まっていると話してました。

 双子姫は他の子でも遊んでますが、姉は馴染むのに時間がかかります。

 今日は双子姫とこのお子さんともう一人が同級生でいました。本当はもっと多くの同じ学年の子と触れ合って欲しいけど。

 帰りに園の庭で遊んで、保育園の前で立ち話。

 遠くまで行ったのにドライブで終わったけど、ママは楽しかったし、作品展の展示品も出来たし、最初からA保育園にすればよかったと思いました。

 

 昨日は地元の保育園に願書を貰いに行きました。

 双子姫がいた頃(1歳から3ヶ月)のお友達は残っていないで新しいお友達と聞きました。

 26日に人形劇を見せてくれると先生に言われました。双子姫も「本当ー。行きたい行きたい」とウキウキでした。「先生に会えるんだ」と妹は言いました。小さくても覚えているんだ、と思いました。

 入園していた頃は「小さい双子ちゃん」とお兄ちゃんお姉ちゃんに可愛がってもらったそうです。双子姫は、本当はここの保育園に行きたかったようです。

 遠くまで探しに幼稚園6箇所も行ったのに、結局は地元の1番近い保育園になりそうです。(その園の特徴や目指すものなど園の感じが先生を見て分かるようになりました)

 地域に子供がいないんでこの地域は保育園も幼稚園も試験が無いんです。

 今日のお友達の行く幼稚園は、願書受付日の朝早くから並んで受けた人が募集人数に達したら終わりだそうです。お友達は7時に並んで30人目だったそうです。早い人は夜中の2時に並んだとか。

 この幼稚園、ママの実家の近くでママも入れたかった場所なんです。

 幼稚園問題も終わり、楽しい旅行が出来そうです。

|

« パパの奪い合い戦争 | トップページ | ベビーシッターを頼んでも行きたい場所 »

育児」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。