« 1度は出たのに | トップページ | ブログが結んだ縁 »

パパ仕事中、ママは子守中。

パパ仕事中。

 二日目。

 双子姫初めての朝食バイキング。

 10時のバスで出かけ、降りたバス停がランド。

 駅からランドに向かう人の多いこと、多いこと。田舎で祭りにしか人を見ないわが家の人々には驚きの光景でした。

 「逆送するのは俺の会社の人だけだな」とつぶやくパパ。

 確かに誰もいない。でも、ランド行くんでしょ。

 パパの会社のパーティの会場は舞浜駅前のイクスピアリの店。

 パパは亭主関白タイプ。会社でも固そうな人だと思います。なのに双子と来た。

 会場は暗くって、怖そうなキャラクターがお散歩に来るお店。

 双子妹はすごい怖がり。怖そうなキャラクターが来るだけで「怖いよー」と泣き出す始末。

 乾杯の後、双子とママは他に脱走。

 イクスピアリーは地元に無い店が沢山あるので脱走を楽しみにしていたのに、

 「パパがあの悪い奴にやられちゃうから連れてこなきゃ」と泣き出す、双子妹。

 1度はパパにも出てもらい、脱走成功。

 

 時間つぶしに選んだ場所は、上の写真の場所。

 地元にもあるけど、まだ双子姫さんが1度しか行ったことの無い店。

 でも、双子妹の心配は「パパは悪役にいじめられてないか」でした。歩かない、抱っこしてました。

 やっとなれた頃に、呼び出し。妹の怖がっていた仲間が双子にお土産をくれると言うことで会場に帰宅。

 でも玄関で泣き叫ぶ、妹。同じように泣いていた幼稚園児のお姉ちゃん。

 お姉ちゃんが双子の世話をしてくれました。

 怖いキャラクターの仲間に怖がりながらもお菓子を貰う、双子姫。妹、顔が引きつりぱなし。

 お父さんと双子の楽しい時間を過ごし、会社の人にも双子を見せて、終了。

 疲れた、パパ。

 パパには日曜日に子供と地元に帰り、月曜日に赴任先に帰るお仕事が残っているんです。

 「ランドさー、今日やめて1年以内なら有効の券にしない?」とパパ

 子供もお疲れモードだし、人がすごいし会社の人にも会うし、やめる事にしました。

 

 チケットセンターに行くとパパの会社の人がいました。都会的な男の人とお洒落な奥様。私達親子には程遠い感じの二人が羨ましかったです。

 会場も皆さん雑誌から出てきたような人が多く、ママも働いたらお洒落をしたいと思いました。

 実は、双子姫とママが親子でスカートを履いて出かけたのは法事とこの日だけ。

 「子供が小さいんだしスカートなんて」と言われているママにはスカートだけでもお洒落なんです。

 双子妹は「ママが耳になんかつけている、可愛いね。スカートなんだ。」と何度も言いました。姉もピアスを引っ張ったりしたり、自分も耳に穴を開けようとして耳を怪我させたりしてました。自分もピアスがしたいらしいです。

 

 ランドに行くのを辞めたのでモノレールに乗ることにしました。

 窓もつり革もミッキー。地元で同じ会社の人と一緒に乗りました。

 時間もあるので一周しました。人がいないのに走るモノレールは不思議でした。

 帰りは電車で帰りました。初めて普通の電車に乗りました。

 ホテルに車を取りに行き、お昼はファミレスで食べました。地元に無いネポスナポスが子供向けのキャラクターの店に行きました。

 双子姫はネポスナポスが大好きです。幼児誌の付録のDVDで見ました。

 イクスピアリにもいたのですが、突然のご対面に戸惑ってました。

 

 そしてお昼寝。

 パパは高速でアパートまで行きました。

 「お家に帰る?」と聞くと「ばあちゃんに会いたい」と妹。「残って砂遊びがしたい」と姉。

 疲れたのでもう1泊することにしました。

 

 帰りはドーナッを買い、アパートで13日の映像の鑑賞会をしました。

 何度も同じ映像を見ました。

 

  

 

|

« 1度は出たのに | トップページ | ブログが結んだ縁 »

コメント

楽しそうな双子姫ちゃん!!
とっても良かったですね
きっといい思い出になったでしょう
絶対に記憶に残るでしょう
三歳になると行けるところが増えてきますね

投稿: ジャージャ | 2006年10月16日 (月) 21時25分

やっぱりミッキーに会えたのは驚きと感動だったようです。親が双子と行けた思い出だけで子供は忘れてもいいと思ってます。子供は四歳の誕生日前日まで無料、60才以上は割引があるので三世代で行くのも楽しいと思います。

投稿: ふたごひめ | 2006年10月19日 (木) 20時31分

この記事へのコメントは終了しました。

« 1度は出たのに | トップページ | ブログが結んだ縁 »