« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

毎日、レストランごっこ

 最近は、鼻水が止まらず毎日親子で「カエルの合唱」みたいに鳴いて寝てます。

 ママは双子姫さん達と同じ時期に風邪を引きましたが気合で治しました。

 前に買い物に行ったら気分がよくなり風邪が治ったことがありました。(仮病かも?)

 そして、この風邪を引いて出れない間に地元ではノロウイルスが流行りだしたらしいです。我が家は2年前にパパ以外かかりました。

 

 外出しない双子姉のブームはレストランごっこ。

 画用紙を細かく切り、お鍋で煮て、盛り付けるところまでです。お客は妹とぬいぐるみ達を相手にしてますが、ママも!と参加すれと言われてます。

 わが家にはおままごとの野菜もあるのにあくまで画用紙を細かくした物らしいです。

 今日はママのエプロンをさせて、お店屋さんごっこをしました。

 聞くと姉は「レストラン」と言い、順番を変わった妹は「定食屋」と言いました。

 確かに性格的に見ても、お洒落が好きで細かい仕事のレストランとお客の心配をしながら料理で焦る定食屋に同じ道具を使いながらも見えるのが不思議でした。

 ママは最近アンラッキーの日々です。

 この前、内緒で喫茶店に行くと急いでるのに四角い口のカップで熱いコーヒーが出てきました。ほかの人は口が丸かったのですが。

 その帰りはポイント倍増日の店で買い物してお会計が済み袋に詰めていると、肉に入っていてはいけない物が見えました。レジの人は慌てて肉売り場の人に聞きに行くけど、この店は「ご近所さんがいっぱいいるから返品なんて恥ずかしい」と姑さんに注意された店なんで慌てて返品して帰りました。

 今日は財布を忘れて来て予備に入れていたお金でお買い物でした。

 食料品店で買い物を終えてレジに行こうとすると、大きいおじさんが揚げ物の所にぶつかりカートが私に当たりました。服は揚げカスだらけになりました。

 でも、今日は月末なので双子姫に幼児誌を2冊買いました。

 二人とも性格が違うように好みの本が違います。

 おまけ付きのママは付録も大好きなんです。わが家はママが作ります。

 

 

| | コメント (0)

双子とママの病院通い

 わが家は同居で、姑さんも専業主婦で家に居ます。

 今まで病院に行くときは初診は双子を連れて行きますが、風邪の時は一人を連れて一人残り、注射は実母か姑と一緒でした。

 今日も昨日から体の調子の悪い双子はゴロゴロしてました。

 昨日は妹が38.5℃になり吐いて、姉は鼻水が止まりませんでした。

 最近、家の近くの風邪は引いて2日で治る風邪が流行っているので様子を見てました。

 わが家の姑さんは子供が体調不良の時に「自分がいないと子供が悪くなる」と思うタイプなんです。

 でも、何度も熱を測ったり見ているほうが辛いですが止める人がいません。

 お昼に妹を姑が熱を測ると37.5℃でした。元気も無いけど二日目なので様子を見てましたが、「病院行くんでしょ」と追い出されました。

 家は注射と風邪と病院が違います。

 最初は同じ病院だったのですが「ご近所を聞いてもあんただけよ、あそこに行くの」と何度も姑に言われて病院を変えました。新しくって綺麗で姑も気に入ったようですが、注射だけは前の場所にしてます。

 最初の病院は自宅と病院が一緒で休日もあるのですが、後は住んでいる場所が離れてます。

 最初の方は薬が弱いから時間も掛けて治るので、別な場所に行くように姑に言われてます。ママは最初の小児科が好きで、全てそこにかかりたいと思ってます。

 追い出されたママと双子妹は姑さんのお気に入りの病院に行くと

 「2時間待ちみたいだよ」とママの同級生に言われました。

 本当に2時間待ちでした。二人とも診察したいと言われました。2時半にまた行かなきゃ。

 実家から近いので1時間待ちは実家で時間を潰します。30分だとスーパーに行きます。

 姑と行くと診察室の玩具禁止なんです。あそこから菌が移ると言います。

 でも、ほかの子が遊んでいるのに止めるのが大変なんです。

 二人はママと行くことにしました。

 でも、二人は良い子でした。

 結果は今、流行の風邪でした。

 こうして毎年冬眠生活が始まります。

 病院に行きたくない理由は、小児科が地元に無いので実家のある隣町に行かないと行けないんです。しかも、自宅の市はパパの赴任先の市より医療費の自己負担が多いんです。

 赴任先は歩いて3分に人気の小児科があり医療費も安い(無料らしい)のを知ると、病院も行きたくなくなります。

 医療費の負担も平等だと良いのに、と思います。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ママの勤労感謝の日

ママの勤労感謝の日

勤労感謝の日はパパさんはお仕事でした。ばあちゃんは日帰りで温泉に行きました。

暇だったので実家に行きました。家から実家は車ですぐの距離です。

仕事が休みのじいちゃんとばあちゃんが待ってました。遊びに行ってもじいちゃんと逢えなかったので二人は大感激です。

じいちゃんと遊んで疲れて近くにみんなで外食に行きました。
 じいちゃんは最近お誕生日で歳を取りました。


昼寝をさせようにも興奮して寝ない双子にばあちゃんとじいちゃんは疲れていたので、二人をコンビニに連れていきました。二人の手にはうまか棒が握られてました。

ドライブの最後はメリーゴーランドでした。この前乗れなかったのを忘れてない双子姉は行くとメリーゴーランドから離れませんでした。10分前から自分から並んで乗りました。


終わって帰っても昼寝をしませんでした。


帰りに必ず泣く二人にすごいツリーがあると教えて帰りました。

写真はその場所です。結婚式場の木すべてが光ってました。

泣かないで済んだけど、夕飯とお風呂の後にすぐ寝てしまいました。12時間寝てました。
ママもよく寝たのでドラマを見忘れました。


ママの勤労感謝の日は終わりました。


今日はお土産話を聴きにお客が来たのでビデオ鑑賞会になりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

絵本♪絵本♪

 

 忘れそうなんでブログに書いておくことにします。

 絵本の講習会は市内の保育園の園長先生がしてくれました。保育士として働いてから園長になられたようです。

 0歳から3歳までは言葉の音を楽しむので「とことこ」とか言葉が面白いのに興味があります。

 言葉が少ない本こそ絵が言葉以上に子供の心に残りそうです。

 4歳5歳頃は感動する本、詩、童話、昔話がいいそうです。

 1度読んでもらった本をよく覚えています。読み間違えたら「おしまい」と閉めたほうがいいようです。

 絵本が楽しいと文字にも関心を持ってくれるようです。

 

  体験型の絵本を見て直接経験をさせると絵本をみても自分がした記憶になるそうです。

 たとえばお料理の絵本。自分でさせると間接的に本で読んだことでも自分の体験として残るそうです。

 思考力が絵本を読むことで生まれるそうです。TVばかりだと自分で考える力が生まれないらしいです。

  兄弟がいるとき、下の子の世話で上の子が我慢をさせていることが多いですが、絵本の時間はたまには上の子優先にしてみるほうがいいそうです。

 一人だけ大事にしていると、自己コントロールが出来ない子になるそうです。(我が家にもいますが)

 絵本やすべての生活の中でやりたいことを出来るだけ体験をさせたほうがいいそうです。

 つい大人が絵本を見て数を数えたり、絵の感想を言うけど言わないほうがいいそうです。

 聞いていて気持ちいい話し方で話すと聞くほうも話すほうも楽しいです。

 双子は絵本の講習会の資料に「この本、可愛いね」とか「これ読んでよ」と楽しそうにカラーの絵本紹介を読んでました。

 さっそく夜、お勧めの絵本を読みました。

 女の子が御友達とほっぺをスリスリするお話でした。サボテンくんがスリスリすると女の子がお母さんのところに走っていき、ママとスリスリする話です。

 双子はサボテンが痛いからママに行ったと思っていたけど、本当は寂しくって行ったようでした。

 最後の裏表紙に動物のお友達がママに甘える女の子を見つめる後姿が出てました。

 

 二人はママにスリスリするのに1日はまりました。

 

 開放保育園に行くと絵本の時間の前に歌とか手遊びで関心を引いて絵本をするので、二人もそこからすれと言います。

 二人のためになった会のようです。

 

| | コメント (0)

初めての託児つき講演会の問題

 双子姫、3歳0ヶ月最後の日は初めての双子の会以外での託児付きの講演会でした。

 思わず言った一言で行けた講演会なんです。言わなかったら、絶対行けなかったかも。

 自宅の市の公民館や保健所のする会は、新聞の折込の市報に出てその次の公民館の開く日から申し込みなんです。申し込みのいらないのもあります。

 家の地区は子供が少なく、隣の町から家の地区事務所に来ている人が多いんです。

 公民館を使っている教室でも来ている子供の半分以上は地区外だと思います。(行ってないけど様子です)

 多分、少子化で共働き率が高いので幼児の会は日曜日が最近は多いです。

 それにリズム体操が多く「双子を一人で連れて行けない」状況なんです。

 ママは運動神経が無く、運動が嫌いです。

 今回は絵本の講習会でした。

 本当は先週と2回の講座です。

 やっと家の地区でしかも体操系でなく託児あり。

 絵本えらびは悩んで借りるのはアンパンマンの紙芝居ばかりでそろそろ全て借りて、普通の絵本を借りたくてもどれが良いのか分からないから行きたいと申し込みに行きました。

 申し込んだのは、市報が出て2日目の開館日でした。

 公民館に行くと「もう託児終わったんですよ。昨日、連絡してくれればよかったのに」と言われました。

 わが家には子守を本当に困った時に頼める姑がいるのですが頼みたくないけど、頼んでも受けたいしキャンセルが出るかもと名前を書こうとすると

 この地区で受講する人が一人で後は皆さん隣の地区だったんです。

 ずっと二人預けるんだから双子の会や自分の地区の講演会しか受ける気のなかった私は思わず

 「この地区の会なのに、この地区のお母さんは順番が遅いだけで受けら無いんですね。双子だからずっとこの地区だから他の地区に行かないで待っていたんですよ」

 と、言ってしまいました。

 怒り気味のママに、公民館の人が勧めたのはリズム体操の講座でした。

 わが家が夫婦で行けないのは、プレママの双子の会もあるのですがこれがお父さん同伴で夫婦で聞く会だったんです。

 「男がお産の話は聞くモンでない。産科もウロウロするな。」と姑に言われて、プレママの会にも行けなかったので、お父さんと行く会に行きたいとも言えない環境のわが家に「日曜日だしお父さんも是非来てください」と勧める、公民館の人。

 公民館の人「絶対、パパと来るんだよ」と言う感じでした。それで、行く気も無くしました。

 多分、この会も地元の人より他の人が多そうです。

 申し込んで1週間後。

 「頑張って託児の人数を増やしました。二人と来てください」

  文句も言ってみるもんだな。自宅の市に住んで初めて本当に嬉しかったかも。

  先週は双子妹の注射の後の熱で中止。

  今週は皆で楽しみに行きました。

 前の双子の会の後に自家中毒になった妹(9月の初め)にはママが絵本のお勉強に行くからいっぱいのお友達と遊んでいてね!と何度も教えました。

 もちろん今回も姑にもパパにもこの会の事は二人は言いませんでした。

 実際に行くと地元の子がいっぱいで、双子姫大感激。

 申し込んだ時の一人の人でない地元の人が何人も来てました。

 二人が遊んでいると開放保育園で会う同級生の子達で自然に遊んでました。

 双子姉の言う「お友達いっぱい♪」の状態にママは要らなかったようです。

 講演が終わって行くと、皆でトトロの歌にあわせて行進をしてました。

 二人はトレーナーを脱いで遊んでました。

 

 双子姉は「お友達がいっぱいいてね」と大興奮でした。

 妹も「行進が楽しかった」と今回は自家中毒にもなりませんでした。

 でも、双子姉は夜に腹痛を訴えて熱も38℃に上がりました。

 次の日からは元気ですが、同室会のお友達に風邪が移ると悪いので水曜日に遊ぶのをキャンセルしました。

 わが家はさっそく新しい絵本を買いました。

 二人は本当に楽しそうに本を見てました。

 

| | コメント (4)

晴れた日曜日は

晴れた日曜日は

晴れた日曜日は

 日曜日、寒いけど晴れました。風も少ない日でした。 

 ママが用事で出かけると外に出た双子姫を連れて散歩に行きました。
 いつもパパと行くのですが県境に雪が降りそうでタイヤ交換をするので、ママと行きました。

  二人で頑張って歩いて行くと一歳の赤ちゃんとママが歩いてました。
 双子妹はママさんの手を握って離さないで二人のお気に入りの場所に来ました。
 川なのに海みたいに波が来る場所です。

 双子姫は釣りに夢中。竹の枯れたのを釣り竿にしてました。
 ママ達は楽しく話しました。毎週川に魚釣りにパパと来ているらしいです。はぜが釣れているらしいです。

 何も近くにないから教えてもらってよかったと言っていただけでよかったです。

 そんな二家族を見た人が近づいて来ました。大人三人で飛行機の話をしました。
 家の近くの飛行場は夕日と飛行機が一緒に写真が撮れるのでアマチアカメラマンも多く来てます。国際線も飛んでます。

 帰りはびしょびしょの二人を連れて帰りました。姉はおんぶしましたが妹は必死に歩いて帰りました。

 ダイエット中のパパさんがケーキとお昼のパンを買いに行ってくれてました。
 動いたらお腹が空いたのでいつもよりいっぱい食べました。

 夕飯も外食でした。姉はお蕎麦にはまりママのも食べました。妹は水ばかり飲んでました。

 ラブベリを出来たのが嬉しかったそうです。
 誰も並んでないので二回させました。二人のファションセンスがこれで磨かれればいいなとか思ってます。

| | コメント (8)

鮭は全て食べれます。

  初めてのグルメの話。

  私の市は大都市ですが、私の町は田舎です。漁師町なんです。

  

  月曜日の朝、お届け物がありました。

  

  鮭さんのカップルです。雄と雌の2匹。

 家の近くの川に鮭が捕れます。ちなみに、夏はシジミで冬はヤツメウナギと赤ひげと言う小エビが捕れます。

 この前、市で売られている地元産の川がにをいじめた双子姫。幻に近いので弁償を思うとすぐに辞めさせたぐらいです。たまに車庫で川がにが遊んでます。

 最近はどれも採れなくなっているそうで高いんです。

 多分、核家族の地元の主婦の皆さんも知らないはずです。私も、嫁に来るまで赤ひげしか知りませんでした。実家の親が私の今の家の近所に住んでいたので知っているそうです。

 鮭の話に帰りますが、

 女の子は値段も高めです。お腹にいくらが入ってます。地元は「はらこ」と言います。

 焼くと白っぽいそうです。

 男の子は身は焼くと女の子より美味しいそうです。

 クッキング、ママは料理が出来ません。ママ親子3代出来ないんですが、ばあちゃんは掃除家事料理完璧の40年以上専業主婦の人なので双子も仕込んでもらう予定です。(姑は勤めないで花嫁修業をずっとしていた人です)

 月曜日から、いくらのしょうゆ漬け・鮭の味噌漬け・鮭の塩焼き・鮭の煮た物・骨と白子や頭などの味噌汁。毎日、鮭料理が並んでます。

 鮭は捨てる場所が無いんです。

 そろそろ、鮭料理にも飽きてます。

 本当は鮭の刺身とか鮭の巻き寿司が食べたかったんですが、魚をしかも鮭を分解出来ないので言えませんでした。

 そして、パパさんは単身赴任でダイエット中で双子姫はいくらが嫌いなので大量の鮭が残ってます。

 「義理の弟さんにも宅配で送りませんか?」と言うと「お嫁さんがいくらが嫌いなのよ。だから家で食べましょ」と姑は寂しそうに言ってました。送って美味しくないとすごく姑が悩むのでそれ以上言いませんでした。

 毎食、いくらご飯。どんなにいくらが好きでも飽きてしまいました。

 今週末は鮭のちゃんちゃん焼きの予定です。

 ママのお仕事は鮭を美味しく食べることです。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

注射の後に熱が出た

先週の金曜日のヨルに熱が出た妹はヨルには泣きながら興奮してました。
と、言うことで週末は閉じこもり生活です。


先週の10円饅頭が近くに出来た開店のチラシを看板にして饅頭やごっこをしました。饅頭もチラシで作らせました。二人は店の人と客を交替で仲良くしてました。
二人のブームはしずくちゃんと言うアニメです。幼児誌で見たら可愛かったのでパパの赴任先で撮ってもらってましたが、いろんな水滴の友達がいて鼻血くんや汗くんが出たりしてました。双子姫はふしぎ星のふたごひめから名前をもらいましたが、赤の子は姉で青い子は妹だと思っているようです。

 我が家は玩具は幼児誌の付録が多いのですが、お買物ごっことケーキ屋さんごっこが人気があります。

今日も姉が熱が出そうだと引きこもりでした。妹は復活して元気です。
ママはクリスマスの雑貨屋さんに二軒行けました。用事で二回外出したのでついでに行きました。
姉も結局は元気ですが、明日行くはずの託児付きの講座はキャンセルしました。  

今週は引きこもる予定です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

コンサートチケット大作戦

 私の市に毎日見る幼児番組のコンサートが来月来ることになりました。

去年、パパの赴任先にも来たのですがやっと夜中に通じた電話の後の抽選に外れていけないで終わりました。

ばあちゃんには当たるわけないと言われてしまったけど(ばあちゃんは歌のお兄さんが好きだから自分が行きたいらしい)今年は春先から地元に来ると知ったので、受け付け開始時刻を待ってました。

 電話をして後で抽選で席を決めて後日に結果を聴くシステムです。

  受け付け開始時刻の寸前に姉が珍しくトイレと言いママを連れてトイレに入りました。
  姉は必死にトイレタイム、ママは携帯で電話予約をしたいけど通じませんでした。
姉は昼間にママがコンサート予約をするのをばあちゃんとの話で知ってました。夕飯も早くにしました。姉はトイレが済んでも良い子でトイレにいました。
 通じない電話に心配な姉にアニメを見ようとママも諦めた風に見せ掛けて電話を止めました。
 大好きなアニメを見なくても良いから電話すれと姉なりの優しさらしいです。 行きたいよね、コンサート!毎日トイレに行けば良いのと思うママでした。

 ママは諦めてないです。 夕飯も電話しながら、かたずけも電話しながら、布団の準備も電話をしながら。いつかつながると思い、何度もかけました。つながってもチケットが買える訳でもなく抽選の権利だけだけど、つながらない電話。

 去年は赴任先に住む人で6回線から頼んで全滅だったそうです。
 赴任先からも地元は新幹線なら楽に子供と日帰り出来る範囲だから去年の私みたいに電話している人も多いはずです。

 子供が寝てからは諦めてテレビを見ながらも時々携帯で電話するけどつながらず、つながったのは11時前。

 遠くから来れない午前希望で双子とママで行くことにしました。ばあちゃんのは取りませんでした。とにかく今年は行きたい。

 
 今、地元から行ける範囲の地域の同じコンサートがネットで正規の4倍ぐらいでで出てます。午後が午前より高値です。
 今年の五月に地元に前のお兄さんとお姉さんが来たときも県外の車が多かったです。        

 二度も行ったけど駐車場も無く引き返した、我が家。当たったらバスで行きたいと思ってます。楽しい旅になりそうです。

 そして、あきらめてないママは次の昼間にプッシュ回線を求めて実家にママだけ行きました。去年の今頃に懸賞で当てたあんぱんまんショーの時は実母に介助についてもらったら実家に行くたびにあんぱんまんショーに行けると思った二人は二時間とても良い子で見てました。

 今年はなかったのでなおさら孫と行きたいらしいです。

 毎回思うのは、当たると期待している子供たちが行けないと知った時の気持ちはどうなんだろうと思ってます。
 電話がパンクするのは分かるのだからはがきの応募とかにしても良いのではと思ってます。

 

当たるまで我が家では言えません。私自身、宝くじに当たるのと同じ気持ちで待ってます。

| | コメント (6)

やっぱり受ければよかった幼稚園

  もう幼稚園保育園探しのネタは書かないつもりだったのですが、最後に後悔しているママ。面接だけでも受ければよかったな、衣装も法事と同じのでよかったのに。

 金曜日、注射の次の日の子供達。

 絵本の日だけど注射の後だからと外出しないでいました。

 ブロックで遊んだり、ビデオを見たりして過ごしてました。

 そんなママに電話が来ました。

 相手の方は説明会に行った公立幼稚園で一緒に説明を聞いたお母さん。(9月末ごろ)

 同じ幼稚園だったら仲良く慣れそうなタイプのママサンです。

 「幼稚園どうしましたか?」と言う内容でした。

 保育園になったんですよと言う話をしました。

 受けるだけ受けてみればよかったと思う話を聞きました。

 説明会まで行ったK(仮名)幼稚園、合格発表に来た子の中で抽選をしたら男の子は全員合格。女の子は10人の補欠が出ただけだったそうです。30人で同数の男女比です。

  去年は「女の子の補欠の18番の子がいたよ」とか「2倍です」と聞いていたのに。

 地元には県立と市立があり公立掛け持ち受験が出来るんですが、わが家はK幼稚園が近く、他に3年間通う元気が無いんです。

 K幼稚園以外の結構近い公立幼稚園は経営が別で掛け持ちが出来るのですが、ここも20人以内の補欠だったそうです。

 噂は3倍だったけど。1.5倍ぐらいだったようです。

 K幼稚園の説明会の後「ご近所さんいるかな?」と住所を聞くと併願できる範囲の人が多かったので併願も多いみたいです。

 K幼稚園は3年保育しかなく、来年度は入れません。

 地元の決まった保育園以外でも地元では保育園は定員割れで今でも募集してます。

 地元派の姑と戦っても受験すればよかったと後悔してます。

 けして教育熱心ではないママだけど、幼稚園選びで双子のママで姑と同居の私を褒めてくれたのはK幼稚園の先生だけだったので、本当に入れたかったです。

 終わったことだからもういい話だと思うけど、自分がやりたいように子供が育てられなかったなかでも最大に後悔していることになりそうです。

 

 

| | コメント (8)

行列の日?

 木曜日。

 今日は実家のカレンダーにマルがついている日。

 実家の近くのケーキ屋さんのクリスマスケーキの予約開始日。ママは、去年次の日に行き買えなかったので実母に頼むことにしました。

 開店と同時に行った実母の前には50人ぐらいの人の列。実母の後にも20人はいたらしく、興奮して話されました。

 小さいケーキ屋にすごい人。実母が予約できたのは1時間後。双子姫とでは買えない。

 わが家にはそこのケーキが来ることになりました。双子姫が「モンブランがいい。私の誕生日のはモンブランで無かったから、モンブラン」と言うのでモンブランにしました。

 モンブラン、ばあちゃんが好きなんです。ショートケーキを知らないのにモンブランを知っている双子姫なのでした。

 午後にそのケーキ屋のケーキをお土産に実家に行きました。

 店の張り紙には「ケーキの注文終わりました」と書かれてました。

 

 午後から実家に行った目的はインフルエンザの介助に実母に来て欲しかったからです。

 わが家の地区には小児科がないんです。地元の内科に行く人もいますが、双子姫はNICUに入ったので小児科で観察したいと言われて隣町の小児科に行ってますが、そこが実家の近くなんです。

 午後の診察の15分前に行くと誰もいないで、注射も1番に出来ました。

 でも、診察室には人で溢れてました。ここが他より¥500安いので混むのも分かるのですが。

 双子姉は静かに注射終了、妹はするまでは文句を言ったけどされて「痛かった」と言っただけで終わりました。

 帰るとお昼寝を始めました。

 その間に実母とケーキを食べました。

 帰ってから、友達と大人気のコンサートがネットに出ているとネットしながら電話をして、行列の日は幕を閉じました。

 

 行列があると先には何があるか気になる、ママ。

 今日は色んな行列に会えました。

 

 

 

| | コメント (0)

今日もお出かけ

行列の先

赤いウサギの体と後ろの絵が姉、ピンクが妹です。 絵は性格も出るので、二人の色や書き方を見て性格が分かりそうですね。

 水曜日もお出かけでした。多分お客さまが来るのが分かるので出かけました。

  火曜にも会った男の子が来ていて彼は姉のおっかけさんなんです。妹と姉の区別がつくだけですごいのになぜか姉の後を追っ掛けます。年下だから妹となら仲良くなれそうなのにしょくぱんまん命の姉は無視してます。
 彼のママさんも優しい人で、ママとも話を合わせてくれます。

 昨日は彼ママが姉が一人の場所に彼を来るように呼んでいたり、ママ達は恋の行方を楽しみにしてます。 その後、姉が機嫌が悪かったので大変でした。

 今日は、最近妹が意地悪をしたりするので午前中は出かけませんでした。
 姉を椅子の上からひっぱって落ちた姉はたんこぶを作ったり、わがままを言ったり、物を人に投げたり、してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別な意味で嵐の日

 今日は雨と風の強い日になりました。植木は倒れて落ち葉は多いし、家にいたい日。
自宅にいられない事情が出来て外出することにしました。B解放保育園がバス遠足で集合時間が早まり慌てて連れていくと、バス遠足は中止で28日になってました。
一番乗りだった上にめずらしく双子しか同級生がいませんでした。幼稚園に入る子はクラス選びとかに行っているようです。我が家は保育園組だからのんびりだし。
  走る双子は目立ってました。一つ下の男の子と女の子の双子ちゃんが可愛かったです。

その後、メリーゴーランドに乗るためにゲーセンに行きました。
すぐに帰るつもりで遊び場で遊び、時間をみて帰ろうとするとガチャガチャが壊れていてメリーゴーランドを乗り過ごしました。知り合いがメリーゴーランドに乗るのに走っていた気持ちが分かった。

遊び場は三十分火曜だけ無料。時間まで遊んで隣でお昼を買いに行くと食べて帰ると食べていると、またメリーゴーランドに乗れず。

そして、実家からの呼び出し。

メリーゴーランドに乗りたかったなぁ。
姉が昼寝をしてくれませんでした。

別な意味で嵐の日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

それゆけしょくぱんまんの嫁。

それゆけしょくぱんまん〓

  わが家にいる食パンマン様。ケーキに乗っている2個は昨日我が家に来た物。

  わが家の双子姉は今年の冬から、食パンマン様にはまってます。

  七夕も「嫁になりたい。」だったし、今の夢も「嫁になりたい。」

   最近食パンマンをきちんと見れないで恥ずかしいと影から見るぐらい好きな姉に「ママは大きくなったら何になりたいの?」と言われた。

 「ママはもう大人だけど、やりたいことはあるんだよ。」と話したら「そうなんだ」と言う、姉。

 ママになる前に、仕事も休日勤務を多くしてもらいまとめて休んで海外に旅行に出たり(お休みの無い仕事場)、仕事が終わっても美味しいのを友達と食べに行ったり、楽しんだママはまた遊べると密かに思ってます。

 双子妹は食パンマン様ケーキをママに持ってきて「ママ、お誕生日おめでとう」と何度も話してました。妹にしてみると、自分は誕生会を2回もしてもらえたのに同居家族に「おめでとう」と言われないママがいつまでも心配だそうです。

  そんな双子姉と妹は、日曜日は午前中はご近所にお散歩。

  9月末に「ダイエット宣言」をして、7kgやせたパパさんとお散歩。パパさんは100kg以上あったけど、頑張ってやせているんです。

  歩くのに双子も着いて行く。

  ママはご近所がこれから行く保育園のお散歩コースなのであまり一緒に行かないようにしてます。

  お昼はうどん、夕飯は皆で牛丼を食べに行きました。

  夕飯にパパさんの食べた物1000Kcalでした。意外と多いんですね、牛丼。

  今日はばあちゃんと練り消しで遊んでました。

  練り消しなら手も汚れないしと思い買ったものでした。

  

  

  

| | コメント (7)

連休の我が家

連休の我が家

金曜は夕方にパパさんが帰宅しました。
はしゃぐ二人を連れて新しいスーパーに行くことにしました。
駐車場がなく停めれたのはゲームセンターの前でした。
二人は引かれるようにゲームセンターに行きました。
店はカードゲームの大会中で、お目当ての機械にはだれもいませんでした。
二人が椅子を持ってきて始めると人が集まってきました。ゲームに真剣な二人は叩くのに必死です。
二回して二人は飽きたのでプリクラをしたりしました。


土曜日は朝から出かけるはずが動かない、家族。 動きだしたのはお昼過ぎでした。
いつもの安い定食屋で皆でお昼でした。ほっけ定食が安くって美味しかったのですが、魚が好きな姫さんに取られた部分も多かったです。
我が家は玄米で米をもらうので精米する場所探し。でも、10円まんじゅうの店を発見したので買って食べると美味しくって、双子姫と喧嘩をしながら食べました。
店を出ようとすると家の近くにも出来るという貼り紙が出てました。プラプラしていたら双子姫は夢の中でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

市(いち)に行こう!!

 また、お出かけネタです。

 朝から車が多いし、お店を作る音が目覚ましの日。(最近は効かない目覚まし)

 日中は売る人の声が響く。

 市の日の朝の光景です。家の近くに市が出るんです。

 地元の市は、5日に1回は市があるシステムです。

 市の日の双子姫。

 平静を装いますが、市の日なのは気が付きます。ママの祖母も地元の人で「市が来ると行かないと気がすまない。」と80代まで来てました。

 高齢化が進んでます。最近では老人ホームの遠足で来ている人もみました。職員さんが浮いてます。

 

 ママはこの日はポケットに¥2000を入れて常に行動してます。

 いつ飛び出しても買い物出来る様にです。

 いつも妹の好きな地元の名産品を買いにお出かけです。

 出来るだけ市の日は出かけるので、行くのはたまにです。

 でも、小さな有名人です。そして、野菜はばあちゃんに買ってもらうことにしているのでママたちに売ろうとはしないです。

 市の売るおばちゃんは、双子姫の目的が地元の名産品なのは知っているので「今日は来て売っているよ」と教えてくれます。

 お祭りで来ない日のために冷凍まで作ったこともありました。

 1度、売り切れたら「売り切れていたー」と泣きながら大声で宣伝をしたこともありました。

 

 子供には1本おまけをしてくれます。双子にも1本ずつ。

 帰りは自慢そうに歩く二人を見て「孫に買わなきゃ」とか「あれが食べたい」とせがむ子供さんもいます。

 

 そして必ず「ぎすだんご屋」にも行きます。

 ここでもおばあちゃんが「ギスのすり身あるから買うでしょ」と顔を見ただけで言われます。無いと「店まで取りにおいで」と誘われるぐらい覚えられてます。地元の川ガ二がいたりします。

 このギスのすり身を団子にして味噌汁にしたのが双子姫の好物なんです。

 双子姫の買い物はそこで終わりです。

 

 去年の今頃に「品物付きショッピングカート2台」が我が家に来た時に、買い物ごっこが出来なかったんです。

 ほとんど買い物についていかなかった為だと思います。

 苦肉の策が「市ごっこ」でした。今では「カードで」とか言います。

 

 ばあちゃんが市の終わりごろに魚を買いに行くのも待っていて一緒に行きます。

 でも、午後には普通の道になります。

 市は子供と行くとおまけをしてもらえます。魚もさばいて貰えます。

 野菜もとりたてで新鮮です。おばちゃんたちは地元の言葉で話してます。

 お盆や正月は帰省客か観光客の人が多く来てます。

 多分、買いに来るのは楽しいと思います。

 お勧めですよ。

 

 

 

| | コメント (2)

月初めの水曜日

 昨日の買い物の帰り道、

 「来月から11月だけど開放保育園の行事予定もらってないな」と思い、貰いに行きました。A開放保育園が1日が体操教室の日。行かなきゃ。

 2ヶ月に1回しかない体操教室。サークルで多く講師をしているカリスマ先生が来るんです。2歳児も多いと思うし、双子姫は楽しみなんです。

 

 毎日外出していると敷居が段々高くなっていきます。

 双子妹に「今日はあそこに行きたい」と言われます。出かけたほうが皆が元気です。ママも「何を言われても外出しよう」と決めました。

 最近、妹が自家中毒にならないんです。仮病を考えるけど、どれも失敗作です。

 でも「パパ、いつ帰るの?今日?」と聞くようになりました。怖くて聞けないけど、パパの赴任先の幼稚園に行きたかったようです。

 

 最近では、冬眠できるんだろうか。悩んでます。

 冬眠、わが家は冬場は出来るだけ出さないんです。(出せないです)去年はパパがいる日のみでした。

 今年はどうしよう。

 話は元に戻り

 双子姫とママは体操教室に行きました。いつも、玄関を閉めてから行き先の発表をします。

 姉は「やっと行ける」と喜んでました。

 行くと駐車場は2台だけ空いてました。先生のサークルの人たちがいっぱい来るんです。

 双子姫も誘われていたけど一匹狼のママは「好きな時に好きな場所に行きたいし、ばあちゃんもいるし、パパが反対なの」と断っていたら誘われなくなりました。

 「サークルと開放保育園と実家通いの人と分かれているのよね」と他のお母さんが言うけど、本当にそんな感じです。

 

 双子姫がお絵かきをしているとカリスマ先生が見てくれてました。最近は、姉は顔を書いたり手や足を書けるようになりました。妹は○が上手くなりました。

 妹は鉛筆も持たない時期があったけど最近は妹が絵を書くようになりました。

 一卵性でも性格も苦手なことも得意のことも違います。

 

 体操の時間はいい子にしてました。

 ママは1年前までは行事の日は来ない人でしたが、他のママサンに勧められて絵本と体操だけは来ようと思ってます。

 紙芝居やエプロンシアターも楽しく見た、双子姫。

 ふと気が付くと、サークルの子より他の子が真剣に見ているんです。二人は1時間、先生の世界にはまってました。帰っても習った事を教えてくれました。

 その後は園の庭で遊びました。

 姉は泥遊びを始めました。土いじり、園芸療法があるのだから癒しなんだろうけど汚いのは困るママ。

 妹も同じく泥遊び。滑り台、あるのに。最後は皆で土いじりでした。

 時間が終わってもママサンたちの話は尽きないので、お話会をしてました。

 子供は楽しそうにお友達と遊んでました。この時間に双子姫と遊べるのを楽しみにしている子がいるんです。

 

 結局帰ったのが最後でした。

 二人は久しぶりに赤毛のアンの再放送に間に合いました。午前中のハイジーはずっと見てないです。

 

 

| | コメント (2)

お誕生日会

お誕生日会

  月の最後の日。
  誕生日会でした。ケーキは今日、手形は先週の土曜日です。85cmの12kg(身長1.5cm、体重200g妹が勝ち)の子なんで手も小さいです。

 

 結局選んだのは、B開放保育園でした。

 子供はA開放保育園と言ったけど、押し切りました。

 子供には「誕生日会があるんだよ。姫、お祝いされるよ」と説明をして行ったんで、前みたいに来たのにお帰りは免れました。

 着くと同じ保育園に行く子と学年違いの同じ保育園に行く双子ちゃんが来てました。

 ママがここの保育園を教えたんで、ここで会えるのは嬉しいです。

 ママは基本的には双子とママと行動で、ママトモと行動するのは同室の会の子だけです。一匹狼ってかんじです。

 

 双子は玩具で遊びだし、お家の玩具のポストに玩具を入れ始めるとお友達も入れはじめました。

 お外では大きい山に登ろうとして二人で見つめたり(怒られるから上れない)、汽車もどきの遊具で楽しく遊んでました。

 

 お誕生会では、なった年毎にお祝いで3歳になったのはわが家だけ。

 双子姫は別々に名前を誕生日の歌で歌ってもらい、紙粘土のケーキの本物のろうそくにフーを姉だけしました。

 妹は恥ずかしいと言いながらも最後は笑ってました。

 お祝いにもらったカードは上のケーキのカードです。

 先生一人一人のコメントつきでした。先生、よく見てます。

 最後にお菓子までもらえました。「いただきます」まで待てた、双子姫。

 楽しい誕生日会でした。

 

  ママは、お昼からは新しい都会の公立支援センターの見学(託児があるんでその情報もききたいので行きました)とデパートの英国展を見に行きました。

 今度は託児してデパートで遊びたくなりました。

 託児は1時間¥300で4時間まで。食事は禁止だけど、預けたいです。

 

| | コメント (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »