« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

初めてのカラオケは2円の2人。

 月曜日。

 朝早くにパパさんは赴任先に通勤。

 最近はETCの深夜割引や早朝割引を使うように頼んでます。

 起きたらいないパパに文句だらけの2人。

 でも、今日はお出かけ。

 50kmの旅でいつも会う妊婦時代からのお友達と会うことにしてました。

 しかも、距離も半分の大型スーパーでのお買い物にしました。

 ママだけで双子と買い物をしたことがほとんどありません。

 普通の日は姑に預けるし、休みは家族で出かけます。  自信も無いんです。

 到着したけど、4年ぐらい来ていない大型スーパー。家族は1度も来た事ないし。

 集合場所も分かりません。必死に探します。

 2人も頑張るけど、集合場所の前で「抱っこ!」と泣かれました。

 集合場所に子供の遊び場があり、遊んでいたらママサン達がそろいました。

 でも、3人のうち一人の人の同じ歳のお子さんがいないので、子供達が寂しいと言います。

 ブラブラ見学。双子は勝手に歩き出すし。

 最後は疲れたと言い、お昼にしました。

 オマケを二人に言われて別なのにしたら食べ終わったら喧嘩を始めました。

 

 結局、いつもの町に遊びに行きました。

 姉は「友達と遊ぶんだからお昼寝しない」と寝ませんでした。

 妹は少し昼寝をしてから着きました。

 公園で遊ぼうと思うと、風が冷たい。でも、来なかった子とも合流しました。

 カラオケ、行かない?

 ママは音痴だから近寄ることも無いカラオケ。

 

 1時間2円だよ。と言われて  行く♪

 双子姫さん、初めてのカラオケになりました。

 ちなみに大人はドリンクも頼んだので¥302でした。

 子供達の歌だけで1時間。

 マイクを奪い合い、友達の赤ちゃんも吹っ飛ばしてしまう2人。

 

 帰りの車では「カラオケが楽しかった」と何度も話してました。

 

 

| | コメント (6)

ホットケーキにはまった二人。 その後

  ホットケーキ。

 週末に帰宅したパパにも「ママがへたで、」と報告する、双子姫。

 パパさん、実は上手い。

 喫茶店にバイトをしていたうえに高校時代80代のばあちゃんと暮らしていたから今日の料理を毎日見る少年だったらしい。

 日曜の朝は気が付いたらパパさんが作っていた。

 かき混ぜるところは双子姫さんがしたらしい。

 焦げてないホットケーキを朝から食べた家族。  複雑なママ。

 珍しく双子とママは実家にお帰り。

 じいちゃんが会いたいらしい。近いけどあまり連れてこないと苦情が来たので帰りました。

 パパは用事を済ましてお迎え。

 分刻みの双子。

 お昼を食べてまた外出。

 保育園のお弁当を買うのに二人にキャラクターを選んでもらいたいので、2人と行けるのを待ってました。

 姉はキティちゃん。 双子なんだよね。

 妹はマイメロちゃん。 意外なんだけど。

 そのキャラクターで袋も全て購入したけど妹のコップだけ注文しました。

 そして、またお家にお帰り。

 昼寝もしないで遊んでました。

 

| | コメント (0)

ホットケーキにはまった二人。

 閉店セールの店で休憩中の二人です。

 今度の日曜で閉店です。昨日は蛍光ピンクのはでなチラシでした。

 二人は、おばあちゃんの味で育ったので洋食系が苦手です。

 姉はマカロニは食べれますが妹は駄目です。

 姉は肉系やカロリーたっぷりの物が好きです。

 妹は量は食べるけどカロリー控えめです。

 身長が約88cm、体重が12.3kgの二人です。

 身長は1cm、体重は200gしか違いません。親でも悩みます。

 似ていて写真の整理が出来ません。

 そんな双子のはまった物はホットケーキ。

 姉がはまり、妹は付き合いで食べてます。

 姉がはまった理由は  自分達で作れる料理だからです。

 今週は4回分全て使いました。朝夕て日もありました。

 そして、もう飽きた妹に「今日はママが焼くんだ。美味しくないんだよね。」と冷たく言われました。

 ママは料理が出来ません。

 ママのおばあちゃんもママのお母さんも苦手な物の1位が料理です。

 当分、辞めようとココロに思うママでした。

 

| | コメント (6)

今日も一日入園の二人。

 市の日の話です。我が家から近いし、朝から賑やかなんで子供でも分かります。

 最近の市は晴れてます。鯛焼きやサンも毎回来てます。クリームが増えてました。

 今回はママがいない間に玄関で二人とおばあちゃんが同じぐらいの保育園の子の散歩の様子を見てました。

 おなかも治って外に出たい二人ですが、ばあちゃん検問を考えるとママは出れませんでした。

 

 勝手に長靴を履いて出かけた二人は、外で踊りだしてました。

 コートを取りに行き出ました。

 二人の頭は素敵なお友達の集団に入りたい♪

 私らも仲間になりたいな♪

 ばあちゃん情報だと他の保育園らしいと聞いたけど戻る様子もないし。遠い保育園はバスで来てます。後、老人ホームの遠足にも来てます。

 

 公園かな?と見に行くといました。

 双子姫さんの同級生がいっぱい遊んでました。同じ保育園のお友達だったんです。以前一緒に居た二人にはきっと同級生の子と分かったようです。

 みんな、可愛い。

 ママも保母さんのようになり子供達と遊びました。

 おやつにみんなが帰ると泣いた双子を見たご近所さんがお土産をくれました。

 それを持ってお気に入りのギスのすり身を買いに行きました。

 二人はすり身にお酒を入れて味噌汁に落とした物が大好物なんです。地元の魚屋さんを聞きいつも買うので魚屋のおばあちゃんも二人を覚えてます。

 次が出来立てのお豆腐やサン。

 今日の夕飯はここの厚揚げに決まり!!

 また公園に行くと、年中サンと赤ちゃんが遊んでました。

 赤ちゃんは他の保育園の子で市が面白いから見に来て、公園で遊んだ帰りでした。

 年中サンは、二人にブランコを譲ってくれたり、遊んでくれたりしました。

 お世話係制度があり、年中サンが双子姫さんの入るクラスの世話をするらしいです。

 多分、どっちがどっちか分からないだろうな。

 家は幽体離脱でもないけどそっくりな双子です。

 お土産をくれたご近所さんのお孫さんも一緒でした。

 このご近所さんは地元の人ぽく何でも言うタイプですが、私が開放保育園に行くと聞けば行くし、本当は孫育ての相談がしたいみたいなんです。

 私の実母も同じ感じが似てます。

               で、ポッポ焼きを買い帰宅しました。

 お土産のことも話すと「いつも貰ってばかりね」と言われました。

 でも、人に何かをするって嬉しいのが分かるから断れないママは聞くのみでした。

 二人は早速おやつの時間にしてました。 

 で、今日はママの車が修理でいなくなり外出が出来ません。

 家で明日も過ごそう、ね。

 

| | コメント (2)

赤札の魔力は無視!な二人

  週末は土曜日に結婚式に出たパパが新幹線とタクシーで帰ってきました。

 双子妹は寝ないで待ってました。妹が寝たのは11時でした。

 次の日、パパが「ママ、髪を切りに行けば」と言いだしました。仕事の面接に髪も切らないで行ったのを気にしていたパパの言葉を嬉しく思いました。

 午前中に閉店セールの店に行くことにしました。

 先週は行かないと言ったばあちゃんも来ました。ばあちゃんの妹さんが「子供服いいのがあるのよ」と言い出したからのようです。

 双子は2台に分かれて移動。

 先週は2回来たよね。飽きたけど地下でフライドポテト食べれるかも。

 つまらない、二人。パパにジュースを買って貰い飲んだりしてました。

 赤い紙や閉店セールの文字が店内には多数あるけど、二人には関係のない話。

 ばあちゃんは気に入った子供服を買い漁ってました。当分、ばあちゃんの服で足りそうな感じ。

 我が家の姑さん、子供服を嫁が買うと自分も同じようなのを買いたがるんです。 

 双子もママも帰ってお昼♪と思った瞬間

 「私、妹の家に行きたいの。連れて行って」

 髪の毛、切れないんだ。期待はしない方が良い?

 お昼はやっと見つけた和食のファミレスでみんなで食べました。

 途中にアンパンマンの宣伝つきの電車を見つけた二人は電車に興味を持ったのでした。

 妹さんのお家に到着して双子とばあちゃんと下ろすと「帰らない」と遊び始めた二人。

 買った孫の服の自慢を始めるばあちゃんでした。

 妹さんのお家にはラブべりのゲームがあるんです。妹は離れませんでした。

 双子を残して夫婦で買い物に行きました。

 双子がいないと寂しい、ママ。

 双子と行くから買い物も楽しいんだよねと、高い交通費を出して帰ってきたのに子供と出かけられないパパ。

 帰ると「大変だったんだから。二人ともおなかを壊して」と苦情が来ました。

 

 そんな二人を連れて、帰りました。

 二人はスーパーでお買い物ごっこに夢中でした。

 そして、昼寝をたっぷりしました。

 月曜日。

 パパを新幹線の駅まで送りました。

 体調不良の二人でしたが、ばあちゃんは温泉旅行に行くので残しておけずに連れて行きました。

 車の中では元気な二人でした。

 ママの心配は、もしもの時にもらい物のコート様を汚されたら困ると言う事だけでした。

 娘より皮のコートが心配なんて辛い。

 姑もいないんでアイスを買って帰宅しました。

 この日は、初めて義理家族が誰もいない我が家にママがいた日でした。

 何をしたかと言えば、ソファーでお昼寝でした。それを見て看病を始める姉でした。

 妹は、いつもと違う時間にお昼寝をしてました。

 そして、姑を待つ姉は「いつ帰る?」と心配そうでした。

 

 

 

   

 

| | コメント (2)

カバン大好き!な二人

カバン大好き!な二人

カバン大好き!な二人

 二人は水曜日に強行に出かけてから調子が悪いので家ばかりです。

 水曜日は、午前は解放保育園で音楽教室があるので行きました。

 楽しそうでしたが、赤ちゃんが多く気を使う姉でした。
 雨なので園の庭でも遊べず不消化ぎみの二人を乗せて高速に乗りました。

 午後は50キロ離れた場所にママ友に会いに行きました。
 二人は昼寝を車でしてお昼にラーメンを食べました。
 大広間で走り回ってました。止めるのに必死で話も途中で帰りました。

 

 そこに行くと行くケーキ屋さんに行きました。ケーキ屋なのにそこに行くとひたすら雑貨を見る、ママ。
私好みの可愛い雑貨が並んでいるんです。ブログで入荷を観てます。今回はいちごのカバンを二個買ったら「クリスマスに双子ちゃんと来た人ですよね。」と黒いカバンをおまけしてくれました。

 優しいなぁ。ありがとうございます。

 ママはイベントの人?
 この日もバレンタインディで私以外はケーキを買いにきた客でした。
つい、マシュマロを買いました。

 帰りは不消化の二人は文句のパレードでした。
 手作りジェラートで釣りながら帰ると店の前で寝てしまった二人でした。

 実家に遊び帰る頃、姉はめずらしく熱が出ました。体調不良の自分に酔う、姉。妹は元気だけど無視でした。

 次の日は妹は宝物のように昨日のかばんを三個抱えて遊んでました。それを羨ましい寝込んでいた姉でした。ママも半日いなかったけどお留守番も出来ました。

 金曜からは妹が腹具合が悪くなり姉は元気になりました。
 半日遠足ごっこしました。弁当も敷物も自分で書いてもらい、\100のカバンに入れて遠足ごっこをしました。大きい写真です。
 昼寝をしすぎて夜更かしをした二人でした。

| | コメント (0)

美味しい食べたい

3連休の真ん中の日。

今日から中心部で食のフェアーが開催してます。双子と人込みが嫌いな地元にいないパパの家族の我が家では関係ないかなとあきらめてました。

ばあちゃんが新年会でウキウキで出かけたので私らも出かけました。
大型スーパーに飽きたパパは観光地に連れていってくれることになりました。地元の一番高い場所の展望台です。
 チラシで食のイベントが開催と宣伝をしてたのをみてました。ママの作戦にハマった、パパ。

赤い旗に焦ったけど家族に点数をあげたい淋しいパパは行くことにしました。

でも、無いんです。
必死に探しても無いんです。鍋も丼も。
ママは他のイベントの人に聞くことにしました。

そこで、いつもの美味しいもののある場所の旗を見つけました。

会場は住宅フェアーと同じ入り口でした。
聞くと住宅フェアーの客の人しか入れないらしいんです。

赤い旗の誘惑には負ける。だけど、家は大工さんの注文住宅でリホーム済んだばかり。
腹が減り泣く妹ちゃん。点数をあげたいパパは行こうと言いました。

アンケート、書きました。
くじをしてちり紙一箱をもらい駐車券の補助券をくれて、感謝していたら。

家族分、食のイベントの鍋か丼が無料。

四人分、カルビ丼を三個とカレーを食べました。鍋は時間が掛かると言われあきらめてました。キムチと地鶏鍋でした。
双子妹は丼ぶり全部食べました。
姉もいつもより食べてました。確かに、たれだけで食べれる美味しさ。

しかも、商談用のお菓子がテーブルにあり姉はそれが楽しかったそうです。飴を食べまくる二人。
 家を買うぞという感じのママさんを羨ましいママは生まれてから一軒家で同じ大工さんの家でしか住んだことがないので他に憧れます。つまり、実家も自宅も同じ大工さんが作りました。偶然だけど同じ時期です。似てるけど掃除の仕方で違う家になってます。

風の強い中、帰りました。お家、欲しいよー。

パパは隣の魚屋の赤い旗をそこの会場だと思っていたと話してました。確かに一文字違いで赤い旗で白字だし。笑えました。

妹、食べ過ぎてズボンが入りませんでした。
帰りはパパがスーパーに行くと言ってゲーセンに行ってました。
 食べ過ぎたので早く昼寝もしました。

夜は地元の仕出しの残りでした。
美味しい日でした。

3連休最終日は今月に閉店の店に買い物に行きました。
連休初日に来たら背広が安く買うことにしました。 パパ、三ヶ月で痩せたのでスーツを買わなきゃだけどもっと痩せたいから悩んでました。

朝はぜんまいざむらいスペシャルに負けたので夕方行きました。

閉店セール、すごく売れてました。
でも、何でも閉店セールと書いてあると安く思うのか食料品も書いてありました。

パパがタバコでいなくなるとチョコを買いにいこうと慌てる妹はやっぱりパパが好きらしいです。

入学式に一人で行く事に決まったママは、パパにチョコをあげるのを辞めました。入学式は木曜日で帰れません。

パパ、10月から15キロ痩せたらしいです。あげてもママが食べるんだろうなぁ。ママは太って服が入りません。

| | コメント (2)

一日保育に行く二人とママ

 週末は保育園の説明会でした。

 保育園に入るまでのいきさつはブログにも書きましたが、幼稚園5箇所、説明会1箇所、希望の園の願書を手に入れていたけど、最後は、ご近所保育園に入れることに決まりました。

 他にもネットで3箇所、パパの赴任先のアパートのそばにバスの来る園も調べてましたが夏に引っ越すので入れれませんでした。

 こちらも色んな園があるようでしたが、願書が9月に提出で早く分かりませんでした。

 保育園、パパさんが単身赴任でばあちゃんが70代なので「無職でも働くことにすれば入れます」と言われました。

 同じ園に双子は1歳から3ヶ月ママの仕事復帰のために入れてました。

 保育園に入れるのに、実は一番心配なのは姑さんです。

 前に入れたときの話ですが、ストレスで蕁麻疹を作り医者まで姑さんは行ったのに「あそこにいれないと世間様が変に思うから」と前と同じ保育園に入れました。

 幼稚園探しをしていたのは姑さん知りません。実は、パパの赴任先のほうが安いんです。年貢とか考えたら向こうが得なんですが、言えません。

 前の職場は、私に理解もあり10時出勤を多くしてくれたりしましたが、まだ家族は不満らしいです。

 保育園、働く時間も決まりがあるんでそれなりに働かないと入れません。

 医者もママ任せ、働く状況で無いのに仕事を条件の保育園は無理だと思うけど頑張るのみです。

 パパ、ママに家族を任せれば自分の苦労が減るから当分帰るつもりでないらしいです。

 

 

 とにかく保育園にいけると聞くと喜んで支度をするをする二人。

 双子姫さん、本当は保育園を辞めたくなかったんです。でも、働かないと保育園に入れないし月謝も前は1.5倍だったんで仕事をしないと無理でした。今は1.25倍らしいです。

 その埋め合わせで開放保育園に必死に通ってました。

 園に入ると、ママより玩具に必死でした。

 ほかの子は両親で来ていて、泣いてました。地域的に同居世帯が多く、しかもお婿さんが多いんです。

 家では「男が女々しいことはしない」と開放保育園にも来ないし、何もしないです。

 ママは開放保育園で会うお母さん2人しか分かる人がいませんでした。

 他の6人ぐらいのママサンはどこで子供が遊んでいるんだろう。

 途中で説明会がありました。

 子供は優しい保母さんが見てくれることになりました。

 双子妹は「どこに行くの」と言うけど「遊んでいて」と言うとすんなり行けました。

 説明会では他のお子さんがいっぱいいました。保母さんが子守をすると聞くとパパさんたちは帰ったようです。

 双子のことを思い出さないで楽しく話を聞いてました。

 質問もママと開放保育園の友達ママ(二人して子守してもらい中)しかしませんでした。

 終わるとそそくさと帰るママサンもいっぱいいました。

 4月は保育時間も短く働けないようなんで、仕事探しも大変になりそうです。

 

 20人クラスで半分が持ち上がる子です。

 持ち上がる子、オムツいないそうです。持ち上がる子のママサンの情報で聞きました。

 二人、何も出来ないんで帰りに保育園のトイレを見せました。

 早速お試しにしてみました。今度来るまでにパンツになれると良いな。

 オムツ廃止、服や靴は自分でするのが今年の冬のテーマです。出来ません。

 帰ると新聞に地域差で教育の質が違う連載が出てました。

 私の地区はのんびりしてます。家でおばあちゃんといる子が多いようです。(ママのお母さんのパターン)

 幼稚園探しは隣の地区をしてました。こっちの方が子供がしっかりしているし、ママサンの話題も幼稚園が重要でした。幼稚園がすごい強気でした。

 同じ地区の子でも教育熱心の子さんは隣の地区に保育園や幼稚園に行くと聞いてます。

 ただ、双子姉が「これから保育園でいっぱい勉強できるね」と張り切るのを見て、考える時もあります。

 ちなみに同じ市内、妊婦時代から「幼稚園でその子が人生が変わるのよね」と話す教育熱心な地域もあります。

 でも、競争より基礎の挨拶や友達と仲良くできるほうがママは嬉しいです。

 

 

| | コメント (4)

曾おばあちゃんのは見ている!!

 お化け信じます?

 3歳ぐらいまで子供には見えるらしいです。

 我が家は子供が大好きだった舅さんが向こうに暮らしてます。多分、玩具の山が出来、町内中の家に遊びに行ったはずです。

 双子姉が「今日もね、仏壇のじいちゃんが寝室で心配そうに見ていたよ」と前は話したけど最近は見えないそうです。

 我が家は曾ばあちゃんと舅家族で住んでました。

 でも、パパが中学生の時に舅家族は400kmはなれた県に引っ越しました。

 地元に残った曾ばあちゃんはいつも泣いていたそうです。その後、パパだけが地元に帰り高校生活を送りました。(ばあちゃんはこのとき80代後半です。)

 そして進学でパパがいなくなると呆けたので介護に舅家族は地元に戻りました。

 私の姑は曾ばあちゃんの介護をしたのが自慢です。そして、残した次男が大学に行かないで地元の専門学校に入る羽目になったのを後悔してます。

 今の我が家、矛盾してます。姑は「長男家族は残れ」と言い残ってます。次男は転勤族だけど。

 曾ばあちゃんはママに似てます。

 「市の日の華やかのところで死にたい」が口癖だったそうです。

 

 曾ばあちゃんの命日の日は市の日です。

 家の地域は決まった日しか市をしないです。

 ママと双子はお出かけの予定でした。

 家の前に鯛焼きやさんが初めて登場。

 しかも、車に乗るのに二人が見える位置に出るなんて。新品の幕に鯛焼きの絵も入り双子にも分かる状況。

 二人は朝ご飯より目の前の鯛焼きに興味津々。

 地元の名物のポッポヤキ、忘れるぐらい。

 買いに行くとあんことウグイスと、栗。

 栗、姑さんの小姑さんである曾ばあちゃんの娘さんの大好物なんです。地元では栗アンの鯛焼きなんて見たことないです。

 栗の鯛焼き、仏壇に上がりました。

 双子は開放保育園で同じ歳のお友達大勢と遊び、実家に行き、帰りました。

 楽しい日でした。会いたかった子みんなに会えました。

 日にちが変わった頃から首の後ろが痛くなった、ママ。寝れませんでした。

 木曜日は午後に買い物に行き、医者に行くと休みでした。

 考えたら、ママはどんな時でも寝込んだことがないんです。インフルエンザの時は子供もいない時で実家に帰りましたが、この家からの心配の電話なかったです。

 曾ばあちゃんが「少しは休んで良いよ」と言っているんだと思いました。

 だから医者も辞めました。しかも行こうとした双子姉が昼寝から起きるし。

 9月の曾ばあちゃんと舅さんの法事の後も双子妹と私ら夫婦のいない間に事件がおきました。

 http://futagonohime.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_6f7d.html#comments

 最近、パパのいとこが向こうの世界に行きました。向こうの世界でも私ら心配されてるのかな。

 

 

 

 

 

| | コメント (4)

ママの昼休み

 牛スネ肉のシチュー、パンとサラダ、マグカップの紅茶   ¥800

                                                      Daisy Chain Factory

 双子が昼寝をしたので絵本を返しに行こうと出ようとすると姑の親戚が来てました。

 車を動かしてもらったので図書館だけでなく、外食に行きました。

 最近はブログやHPで子供と外食できるお洒落な店の情報を集めてます。

 パパの赴任先の近くはお子様ランチの写真付が多いのに地元ではほとんど見ません。

 だから入りにくいです。

 子供と行くひだまりさんも何回か下見に行きました。

 パパも「ばあちゃんに子守を頼んで友達とランチに行けば良いよ」と言うようになりました。

 

 今回はDaisy Chain Factory http://daisy.shop-pro.jp/  に行きました。

 とてもお洒落で1度行ってみたいと思ってました。

 マグカップで紅茶が出てきたし、アイスもあるので双子とも来れそうです。

 可愛いの大好きの姉はきっと気に入るはずです。お持ち帰りも出来るので近くに来たら海を見てお茶も出来そうです。

 お客さんが面白い人ばかりでした。

 ある人が「人の話を聞く仕事も大事よね」と店で1時間以上話して帰りました。

 そういえば、外出しないと1週間で同年代の人と話もしないで終わることの多いママは、思わずうなずきました。

 

 帰りに学生時代の友達に会いました。

 独身の彼女を見て羨ましかったけど彼女は私が羨ましかったそうです。

 今度ゆっくり会えると良いなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

双子姉とパパとの時間

双子姉とパパとの時間

双子姉とパパとの時間

土曜日の宅配便で来たコカ・コーラの懸賞。今年最初の当選品。下は大型スーパーでもらいました。ペンの下は枕カバーです。

しっかりものの姉。
あかちゃん時代からおとなしく、人に甘えない、3分違いの姉。一ヵ月違えば妹だった子。
ダンスと音楽、しょくぱんまんさまを愛する三歳児。

パパとの時間が少ない我が家。一人とパパが向き合える時間はほとんどない。
休みに家族で大型スーパーにお出かけ。

パパとゲーセンに行き、釣ってもらったトーマスを妹に見られないように姉は隠す。釣れないときの優しさらしい。
途中で妹と交替をしてママと店内散歩。
音楽教室のイベントが終わっていて姉は落ち込む。妹を連れてきたら着ぬいぐるみに泣いてたのに。姉を連れてきたかったなぁ。
薬屋でせんべいをもらい姉も笑顔になる。
パパといた妹は釣られたトーマスを二台持ちながら怒る。きゃらくるカーに乗りたいらしいが全員が仕事に出動している。わがままを素直に言える妹を見て、姉もたまに言えばいいのにと思うママでした。

ばあちゃんは食料品店は一時間かかる。双子も飽きる。しかも他に賞味期限確認係が必要。

姉とイライラパパは喫茶店に行きました。
お洒落な店が好きな姉はパパと喫茶店に行ったと妹に内緒に何度も笑顔で言いました。

妹はおわびにパパにジュースを買ってもらいました。

妹には内緒の秘密を持った姉はパパの赴任先への帰宅に大泣きでした。姉もたまにはパパをひとりじめしたいらしいです。

| | コメント (4)

鬼の日の本当の鬼

 節分でした。

 ママのひとりごとのカテゴリーなので主人公はママです。

 我が家は「仏教なのにクリスマスする?」というように、イベントに流されない家風です。

 そこに嫁に来たママはイベント大好き!!と言うか、職業病です。

 ママの前の仕事は介護保険適用施設での勤務でした。

 分かりやすく言うと、老人ホームや病院です。

 節分になると、やることは、利用者さんたちの前で「鬼のパンツ♪」を人前で歌い踊ること、豆まきを鬼を呼んでやることでした。

 「おにーのパンツは良いパンツ つよいぞつよいぞ」と言う歌です。

 10年間、産休育休を入れて勤めた私はそこのボーナス日と給料日とイベントにはワクワクします。

 ひな祭り、節分、敬老会など、病院全部の人が見たい利用者さんのために喜んでもらえるイベントがある場所でした。

 我が家、去年は恵方巻を食べて豆まきをしました。

 今年は土曜日。パパがいた。

 パパは、イベントに流されない委員会の会長。

 恵方巻、禁止。地元では食べる風習がないかららしい。お好み焼きでした。

 豆まき、子供達が必死に説得をし、前日に娘に作らせたお面をかぶりパパが鬼となりました。

 綺麗好きのばあちゃんのために袋に入った豆にしたら、大豆でした。

 落花生を投げるのが地元なんですが、落花生が1袋¥498で買えませんでした。汚くなるし。

 姉は鬼に投げるのに妹は「鬼が可哀想」と拾ってばかりでした。

 鬼の面、赤ちゃんの頃に怖いのにしたら大泣きだった二人のために可愛い面を貰ってきました。

 「歳の数、食べるんだよ」とばあちゃん。「ママの数まで食べると鼻血が出るかも」と言われたけど、今年は大豆で2袋の大豆で足りました。確かに落花生だと鼻血でるかも。

 ばあちゃん、歳の数以上に食べてました。

 

 そして、別宅で寝る時間。

 別宅に行くと鬼のパンツ♪を双子妹が歌いだしました。

 誰もいないしと踊りだした、ママ。

 下にはばあちゃんが笑ってました。

 パパは飽きれてました。

 本当のイベントの鬼はママ。

 実家に帰ったら「あんたって、子供の頃に鬼のパンツの歌ばかり歌っていたよね」と実母に言われましたから、子供の頃から節分には鬼のパンツなのかも。

 ひな祭り、なにしようかな?

 

 

| | コメント (0)

風邪気味のふたり

風邪気味のふたり

風邪気味のふたり

今日は寒かったと思ったら雪が降ってきました。今年初めての雪にゆきだるまや雪合戦を夢見る二人は見て楽しんでました。

風邪気味の妹。姉も鼻水が出たりの一週間でした。 保育園は決定の通知が来ました。来週末に園に行く予定です。
オムツだし昼寝しないし着替え出来ないし、心配ばかりです。入園する園はあかちゃんからいる子が多く、先生も厳しい感じなんです。

双子の入園と車検が一緒にくる我が家。
火曜日、双子が大きい冷蔵庫がほしいと言いだしました。苦肉の策で段ボールで作りました。
でも、次の日には綺麗好きの姑に部屋の端に置かれてました。頑張って作ったのに。仕方がないから寝室に隠しましたが、パパに捨てられそう。 
 ママのお手製より買ったほうが良い我が家は離乳食のお粥以外はほとんどレトルトでした。保育園の品も全て買わないと行けない雰囲気です。

節約ついでに離れた大型スーパーに無料クーポンや割引クーポンを探しに行きました。小さい写真がそれです。ミニ本、双子姉がお気に入りなんです。育児のヒントがいっぱいあり、隠れ家的な店がいっぱい出ていてママも好きです。
姉用に一冊もらいました。手作りらしい本だから好きみたいです。

雛人形、今年も出す手間と片付ける手間を考えて本の付録にしました。

| | コメント (4)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »