« ママの昼休み | トップページ | 一日保育に行く二人とママ »

曾おばあちゃんのは見ている!!

 お化け信じます?

 3歳ぐらいまで子供には見えるらしいです。

 我が家は子供が大好きだった舅さんが向こうに暮らしてます。多分、玩具の山が出来、町内中の家に遊びに行ったはずです。

 双子姉が「今日もね、仏壇のじいちゃんが寝室で心配そうに見ていたよ」と前は話したけど最近は見えないそうです。

 我が家は曾ばあちゃんと舅家族で住んでました。

 でも、パパが中学生の時に舅家族は400kmはなれた県に引っ越しました。

 地元に残った曾ばあちゃんはいつも泣いていたそうです。その後、パパだけが地元に帰り高校生活を送りました。(ばあちゃんはこのとき80代後半です。)

 そして進学でパパがいなくなると呆けたので介護に舅家族は地元に戻りました。

 私の姑は曾ばあちゃんの介護をしたのが自慢です。そして、残した次男が大学に行かないで地元の専門学校に入る羽目になったのを後悔してます。

 今の我が家、矛盾してます。姑は「長男家族は残れ」と言い残ってます。次男は転勤族だけど。

 曾ばあちゃんはママに似てます。

 「市の日の華やかのところで死にたい」が口癖だったそうです。

 

 曾ばあちゃんの命日の日は市の日です。

 家の地域は決まった日しか市をしないです。

 ママと双子はお出かけの予定でした。

 家の前に鯛焼きやさんが初めて登場。

 しかも、車に乗るのに二人が見える位置に出るなんて。新品の幕に鯛焼きの絵も入り双子にも分かる状況。

 二人は朝ご飯より目の前の鯛焼きに興味津々。

 地元の名物のポッポヤキ、忘れるぐらい。

 買いに行くとあんことウグイスと、栗。

 栗、姑さんの小姑さんである曾ばあちゃんの娘さんの大好物なんです。地元では栗アンの鯛焼きなんて見たことないです。

 栗の鯛焼き、仏壇に上がりました。

 双子は開放保育園で同じ歳のお友達大勢と遊び、実家に行き、帰りました。

 楽しい日でした。会いたかった子みんなに会えました。

 日にちが変わった頃から首の後ろが痛くなった、ママ。寝れませんでした。

 木曜日は午後に買い物に行き、医者に行くと休みでした。

 考えたら、ママはどんな時でも寝込んだことがないんです。インフルエンザの時は子供もいない時で実家に帰りましたが、この家からの心配の電話なかったです。

 曾ばあちゃんが「少しは休んで良いよ」と言っているんだと思いました。

 だから医者も辞めました。しかも行こうとした双子姉が昼寝から起きるし。

 9月の曾ばあちゃんと舅さんの法事の後も双子妹と私ら夫婦のいない間に事件がおきました。

 http://futagonohime.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_6f7d.html#comments

 最近、パパのいとこが向こうの世界に行きました。向こうの世界でも私ら心配されてるのかな。

 

 

 

 

 

|

« ママの昼休み | トップページ | 一日保育に行く二人とママ »

コメント

幼い子供には”お化け”見えるんですか
知らなかったです
いろんなご家庭によって
価値観や風習がちがうんですね
女性はその中に入っていくのですから
とても大変だと思います
無理せず力を抜いていきましょう

投稿: ジャージャ | 2007年2月 9日 (金) 21時32分

我が家はお化けは「おばけのてんぷら」のイメージが強いみたいですね。
「おに」「てんぐ」が子どもたちには身近なようです。
明日我が地域に「てんぐ」が来ます。
年に1度だけの「雪中花水祝い」。
長男長女は「てんぐさん」に会えることを楽しみにしています。
長女は涙目ですけどね。

我が家の曾ばあちゃん。まだ3人健在ですよ。

投稿: hirarin | 2007年2月10日 (土) 05時35分

 ジャージャさん、お孫さんに聞いてみてください。
 双子妹はあんまり感じないみたいです。

 そして、双子姉だけ「妹センサー」があり妹を探せます。
 スーパーで大活躍です。

投稿: ふたごひめ | 2007年2月11日 (日) 15時38分

 hirarin さん、我が家の姑さんが住んでいた関係で「なまはげ」の話を双子にします。

 昼寝をしないとぴーすけと言う怪獣が来ることになってます。
 ドラえもんの前の映画ですが、毎週歌の時間に出るのでいつ来るかワクワクして寝ません。

 てんぐさんに会えたかな?次男君は怖いんでしょうか?

投稿: ふたごひめ | 2007年2月11日 (日) 15時42分

この記事へのコメントは終了しました。

« ママの昼休み | トップページ | 一日保育に行く二人とママ »