« 体内時計にテレビの番組が・・・。 | トップページ | ママがいなくとも大丈夫な2人。 »

テレビで終わる週末

 月曜日にテレビ様が映りが悪くなり「子育ての大事な友の一台」を失った、ママ。

 ついでにばあちゃんが先週から体を壊し、救急外来に行ってずっと待合室にいたらしく現在インフルエンザ大流行中なんで子供にも合わせたくないが来る。しかも薬嫌いで飲まないで調子は最悪らしい。

 火曜日、笑顔の素敵に電気屋さんが朝一番にアンテナを見に来てくれました。

 パパさんは200km向こうにいて週末しか来ないし、頼るは電気屋さんのみ。

 アンテナは倒れただけらしいが早めに交換。BSはアンテナが駄目で交換。

 交換に来たのが双子の昼寝の時間。

 お客様ご近所様は神様のわが家では、客の意見が1番偉い。3歳の双子でさえ「お客様が1番だよね」と言う。 

 地元産まれの両親(だから隣町にいる)に育てられたママは双子が地元と姑の考えや言葉のギャップに悩まないか不安ではあるんですが。

 だって会って「パパはいつ帰るの?」と必ず聞く人ばかり。

 つまり「パパがいないのに頑張って地元に残っているね」と言いたいみたい。

 だってばあちゃんは商人さんの町で珍しく主人の転勤で地元を何年も離れた主婦だけど、その嫁達は残って生活しているからみたいだけど。

 

 笑顔の素敵な電気屋さんはばあちゃんの話し相手と言うお仕事もある。

 来ると、この前パパが結婚式に出てママがすっごく気に入り欲しかった引き出物のカップを洗って準備を始めた。

 悔しいからネットで金額を調べたぐらい欲しいカップ。デパートで見たし、メーカーも当てた。

 新郎新婦さんはママと同じ歳だから趣味も同じで他のも嬉しかった。

 地元の結婚式は豪華で、私のときは引き出物、赤飯、お重のお菓子、魚の詰め合わせ、鯛、グラス、だったが、G県は引き出物、赤飯、ミニケーキが多い。

 パパがG県で初めて行った式で月の土地を貰ったのが忘れられない。

 電気屋さんはアンテナでなくお茶のみに来たような感じでした。「アフターサービスの充実をしてくれるんなら地デジを買う」とパパが言ったらしい。

 向こうもお客さんは神様。

 双子は病気のテレビが治ってもあんまり見なかった。

 アンパンマンは大好評だったんで買い物に行きました。

 木曜日にアンテナの交換に笑顔の電気屋さんが来ました。

 ばあちゃんは人が来ると疲れるタイプで抜き打ちで来るし、茶の間は汚いし、イライラもたまっている様子だけど、お客様は神様。

 はしごを掛けてアンテナの交換を始めた電気屋さんに興味あるらしく、じーとはしごを見つめる2人。

 朝の教育番組が面白い時間に無理やりの停電。

 でも、はしごから降りるおじさんの方が双子には面白かったらしい。

 

 アンテナ交換後にお茶を飲んでお帰りでした。

 実は地元で風邪が大流行らしく保育園でも年長さんはお休みだらけらしいんです。

 だから仕事が家ばかりなのかな?

 金曜日は、朝からお料理を始める姑さん。

 我が家の人々の体内時計は金曜日と土曜日は皆がテンションが高いんです。

 双子もテンションが高いままでしたが、お客さんが一人来て帰るともう一人。客間の前が台所のわが家では本当は客のいる時に台所に入りたくないけど2人にはご飯を上げました。

 最後に茶碗を洗うばあちゃん。

 子供のお昼の残りは?私がゆっくり食べるはずの高級ベーコンのサンドイッチは?

 ゴミ箱でした。

 結局、別宅でカップラーメンを食べました。

 

 お客さんも大事だけど家族も大事よね。

 今週、指がかさついて切れて痛かったママに優しくカットバンをくれる姉。

 全自動食器洗い機、買いましょうよ。

 

 

|

« 体内時計にテレビの番組が・・・。 | トップページ | ママがいなくとも大丈夫な2人。 »

ママのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。