« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

楽しい床屋さん

 義理の弟さん夫婦が帰省されました。

 

 突然決まったようで、向こうの冷蔵庫の中身も一緒に来たので冷蔵庫がフル稼働です。

 どう見ても2泊3日にしてはおかしいので、奥さんは実家に何泊かして帰るのでしょう。義理の弟さんは連休後半は海外にお仕事です。

 ぱぱもいるしお兄ちゃんもおねえちゃんもいるのは2人にも楽しい日になったようです。

 朝は床屋さんに行きました。

 双子は、皆に内緒の床屋さんに行ってます。

 親戚が昔、床屋さんで切ってもらってますが、親戚の人が心を閉ざしていてパパ兄弟と双子だけ切ってくれると言ってくれてます。

 双子は一卵性なんで顔は同じでも髪質は違います。分裂した後に髪の毛は出来るからだそうです。姉はパパに妹はママの髪質です。

 姑もパパ兄弟以外の半年以上会ってません。電話もわが家だけみたいです。

 双子はこの日のために髪の毛を伸ばしてました。ばあちゃんに切って欲しいと頼んでも「伸ばしていれば親戚の人が切ってくれるようになる日が来る」と言われてから黙ってました。

 2人とパパさんは床屋さんに出かけました。

 ばあちゃんにも親戚の人は会いたくないと言うんでパパにお願いしました。

 小さい子のいないその家でおねちゃん(おばさんだけど独身だし)と遊んでもらって、我が家に無いピアノを弾いて金魚を見て、髪を切ってもらい変身した2人は帰ってきました。

 お土産に箱にいっぱいのお菓子を持って帰ってきました。来ると聞いて準備してくれたようです。

 直して欲しいとばあちゃんに伝言がありましたが、相談してそのままにしました。

 親戚の人は昔のばあちゃんと似てます。

 

 いつまでも双子の専属の床屋さんでいて欲しいと思います。

 

| | コメント (2)

今日の旅は

今日の旅は

  隣のタワーから見た写真です。

 同じのが新聞にもありました。

  ママのお気に入りの滑り台です。
  隣町の港の公園が今日から使えると聞いたので行きました。
  6Mの滑り台はママが楽しかったので何度もさせました。港なんで大型の船が時々来ました。
  船のオブジェに感動した二人でした。バリアフリーと書いてあるのですが他より親の手も掛からず、一人で出来るのが多いけど網が多く二人は注意が必要でした。
  タワーが隣にあり初めて登りました。
  公園のお祝いに地元のアイドルが歌っていて、姉は羨ましそうに見てました。
  貸し切りのタワーを後にしてマックでお昼でした。
  楽しすぎて次の楽しみがないと動かない二人に新しいおもちゃをねだられました。
  帰りはお土産のワンコを手に帰りました。
   今日はまだまだ色々起きそうな感じです。
 連休の初日ですから。

 

  蕁麻疹ですが、鯖によるものだけどストレスと体調不良が悪い時に出るそうです。

  皮膚科で内服も貰って飲んでいるのに、両頬(ほほ)は日に日に真っ赤になり口内炎も出来てきました。

 蕁麻疹が出来てから過度にストレスが起きるようなことが次々にあり、それでかなと諦めてます。

 

| | コメント (2)

2人の皆勤の御祝い

この前の旅

  新幹線もお休み中です。

  新幹線が休んでいたんで見に行きました。人も新幹線もお休みが必要よね。

  種類がラインで分かると最近本で知りました。女の子しかいないから電車も車も苦手です。

 4月の最後の木曜日。

 2人は4月の皆勤賞を同時に受賞しました。姉が1日行くなというのに行ったんで皆勤賞になりました。

 園では何もありません。

 ママは1歳の頃に1週間で風邪を引いて月に10日しか行かない2人を可哀想に思ってました。

 今月は皆勤賞って事は、まだ1日も休んでないと言うことです。

 木曜日は担任の先生もお休みでした。ばあちゃんもお出かけでした。

 二人の希望で地元のアイスを食べに行くことにしました。

 最初は大きいパン屋さんに行きました。

 2人はトトロとドラえもんのパンを触ったので買ってきました。

 無料が好きなママはコーヒーの無料サービスも貰いました。

 アイス、正月の2日に食べたお洒落で本当は双子と行けない感じの店に行きました。

 市内にはベビーカーのある雑貨屋さんもあります。

 さすがにしっかり手を握りお店に行きました。 

 店にはお洒落な遊び場があり、ガチャもあるんでそこは避けて行きました。 

  ジャンバーの色と同じ苺と牛乳のアイスを分けた二人。

  とても美味しかったです。1杯の掛けそばみたいに皆で1個食べました。

  夕飯はパンで終わりました。

  一番ママが楽しいたびでした。

| | コメント (0)

もうすぐ保育園も1ヶ月

 今日も2人は元気に保育園に行きました。

 毎日、歩いて保育園に行きます。

 まっすぐに歩くなんて出来ない様で、道の真ん中に出てしまい通勤の邪魔になることも多いんです。

 ご近所さんは暖かく見守ってくれてます。

 わざわざ、車を動かすのを止めて貰ったりもしている毎日です。

 双子の通勤路は10日に2回は市が出ます。美味しそうなお店を横目で見ながら、魚の勉強をしながら通ってます。

 昨日の帰りは郵便局のおじさんと競争でした。

 双子が勝っていたのに、いつの間にか負けてしまいました。

 おじさんはバイクだし、双子は短い足だししょうがないよね。

 天気の日は園のお庭に直行です。

 双子を見ながらママサン達とおしゃべりです。もう少しでその生活も終わりかも。

 保育園での双子は、

 妹はしっかりしてきました。姉を頼れる距離だけど同じ日に生まれた姉は頼れない状況と分かり必死に先生が言われたことをやろうとしてます。

 でも、今日の朝の園のかばんにぬいぐるみが入ってました。「先生がね、ぬいぐるみは駄目だよって言ったから連れて行かないから」と理解できたようでした。

 姉は、マイペースです。連絡帳も姉のスペースは問題行動の話でページもなくなりました。

 最近はご飯の後に遊びに出てしまう、先生がいないのを見てチョークで黒板にお絵かきをするようです。

 その話を聞いて「保育園ではお絵かきしないの。はとこちゃんの保育園は良くお絵かきするようだけど先生に話してよ」とばあちゃんに言われましたが、辞めました。

 チョークの場所は変えてもらいました。

 姉には相当強く怒っておきました。

 でも、ばあちゃんは双子姉には甘いんで聞かないのかも。

 2人いてどちらかをヒイキして育てるとその後の性格にも影響するのを見ている私には冷ややかに見るしか出来ません。

 鯖を食べて蕁麻疹が出たので医者に行きました。

 薬とかゆみ止めを貰いました。薬は1週間分、ってことは温泉は行けないってこと

 旦那さんが引越ししないと言いながら引越しをすることになりましたし、仕事の件も給料が安いと文句が出てきてます。

 ばあちゃんも、他から風邪を貰ったのに人のせいにして子供達から離れないし(2回引いたママ)義理の弟様ご夫婦は今度は連休の帰省をすると言い出してます。

 蕁麻疹はきっとストレスかも・・・。

 

 双子が元気なら良いと思うママでした。

 

 

| | コメント (4)

同姓同名、気になる

  双子の保育園の懇談会に行きました。

  双子の様子も気になるんですが、双子の名前にそっくりな子がいるんです。

  上の名前も同じ。同居のわが家は代々地元にいるから同じ名前の人は多いけど、気になる。

 姉と妹の名簿の間にその子が入り、平仮名だと三つ子ちゃんみたい。最後の〆の文字が同じ。

 どんな子なんだろう。

 もうひとつ気になるのが、赤ちゃん時代に双子妹の用事で電話をすると必ずクラスを聞かれたんです。「どっち」とか。

 小児科では妹が同姓同名のハンコがあり、近くに同姓同名の子がいるのは確かのようでした。

 そのお母さんと話が出来たので聞いたら、同級生の子のお姉ちゃんが平仮名だと妹と同じ名前でした。漢字は違ったけど。

 そのお母さんも驚いてました。

 字数を計算して付けたからいてもおかしくは無いけど、本当に近くにいるなんて。

 しかもわが家の昔の家業とそのこの家の家業も同じでした。

 ばあちゃんは家の場所も知っていたし。(家業は小姑さんがしてました。)

 同姓同名のなぞと同じような名前の子のなぞはこうして解けました。

 

 保育園での双子は頑張っているようです。

 絵を描いたのが貼ってあり、妹は姉と2人の花見を書いていたけど姉は自分の顔と木が書いてありました。

 絵を見ると姉は自分と言うのを持とうとしているのかな。

 お迎えに行くと「ママ来たの」と何度も言う妹に対し、姉は「来たんだ」ぐらい。

 姉ももっとママに甘えてもいいのに・・。

 最後に来年と再来年の役員になりました。子供1人で1回らしいので2回はするとのことで、双子妹がママの夜勤の度に体調を壊していたのを思うと今年は出来ないんで、仕方が無いかな。

 

 咳が止まらない姉は明日休むことにしました。

 甘えん坊の双子妹だけでの保育園はどんななんだろう。

 ただ、今まで話し以外に姉に勝てない妹がトイレだけは必死に頑張っているんで1個でもいいから早くできれば妹の自信になればと思っているんです。

 

 

| | コメント (4)

姉、風邪を引く

 温泉帰りのママを待っていたのは双子姉の風邪でした。

 ママが移してしまったらしいが、先生も引いている。

 ママは入園式から風邪を引いているんで多分保育園でぐるぐるしているんだろうな。

 双子姉、めったに風邪を引かない。

 パパがインフルエンザだろうと、ばあちゃんが高熱で寝込んでも、妹が風邪を引いても元気な姉。

 咳が出るし鼻水も出る。 医者に行こうかな。

 水曜日はお誕生日会で特別メニューの日で、たけのこご飯なのを楽しみにしている双子なのですが、姉は「可愛いマットも敷いて食べるんだよね」と食べるのを楽しみにしている。赤い花柄のマットをこの日のために用意したのも知っているし。(毎月使うんだけど双子には理解できない)

 

 姉に「医者行く?」と聞くと「本当にパンダの病院に行けるの?わーい」と遊園地に行くかのごとくに嬉しそうな姉を見た妹は「私もお腹が痛いから医者に行かなきゃだよ」と言い出す。

 パンダ病院は風邪を引いたときの医者で、予防接種は他でしているんです。待ち時間がパンダさんが長いのと、他の方だけ休日診療日があるんでカルテを作っているんです。

 ばあちゃんの希望でしてます。

 病院に行けるのね♪しかも、私だけ。 踊りだしそうな姉と小児科に行きました。

 妹はばあちゃんに頼んで行きました。

 お城に来たかのような姉。ここには玩具がいっぱいあるんです。ばあちゃんは「バイキンがいるから遊ぶな」と言うけどママは何も言いません。

 玩具ワールドを独り占めして楽しむ姉は、何で遊べばいいか分からないらしく挙動不審。いつもは同じ顔のライバルが要るけどいないし。

 風邪のブームの去った病院は静かでした。待ち時間も10分ぐらいだし。

 診察室に入った姉は、看護婦さんと先生の言うとおりに拒否もしないで診察が終了。

 看護婦さんごっこが好きらしく、ここでの診察をわが家の看護婦さんごっこで取り入れているけど、完璧じゃつまらないよ。ママは。

 

     ママは送り迎えだけの係り?

 

 「病院から帰りたくないよ」と泣き出した、姉。

 姉は11月に来たっきり来なかったらしい。しかも前は重症の子を見てもらい軽症の子の薬も貰う方法で来たので、双子姉がパンダ病院に来るのは少ない。

 ママも弟の病院に付き合っても「この子いつ風邪を引いたっけ」タイプの子でした。

 帰りも薬屋でくじを引いて、楽しく遊ぶ、姉。

 帰ると「私も行きたかった」と叫んでいる妹が待っていた。この子は「看護婦さんになりたいの」と本気で言う。

 「楽しかった」と聞く妹に「すっごく楽しかった」と答えた姉は、咳が出て元気が無くってもたけのこご飯の為に保育園に行きました。

 気持ちが体力に勝っているみたいでした。

 ママは、いつ電話が来てもいいように待機の日になりました。

 1歳の頃は月に10日しか行かないで終わりました。いつもママの平日休みはパンダ病院にいた記憶があります。

 保育園に1度も休まないで行けるのが奇跡だと思います。

 双子姉の夢は保育園に毎日行くことだったなと思うと、風邪を引いたら医者に連れて行けたら行こうと思いました。

 

 

 

  

| | コメント (6)

保育園児になった2人。

 週末はパパ抜きでした。

 保育園にフルに行った2人は「土曜日は保育園休みなんだ、つまらない」と怒ってました。

 娘達の保育園は希望保育があるのですが姑のいる我が家は対象外なんです。

 何度か以前は頼んだけどだめでした。他だと夜7時まで頼めるところもあるんですが、仕方が無いので新しい職場は土曜日は休みの希望してあります。

 ダラダラの週末の双子。

 なぜならママが風邪を引いたから。でも、寝てもいれません。

 風呂も休むわけに行かず(ばあちゃんが綺麗好き)、薬を飲んでも元に戻る日々です。

 やっと治りました。

 月曜日の2人は「保育園いけるの♪」と笑顔で支度をしてました。

 保育園での2人は、テーブルも別で布団の場所も別。

 寝れないんです、いつも寝れる妹の方が。  先生の心配の種のようです。

 姉の話だと私からは見える場所だけど妹からは見えないで不安になり泣いてしまうのを見て姉も心を痛めてます。

 妹って、姉の二番煎じではないけど姉がいないと駄目なタイプ。

 一人で孤独と必死に戦うのか・・・。それを見ていても何も出来ない、姉。

 保護者会が今週あるんで話してみたいと思うけど。(だから先生が優しい。もしかして役員候補にされているのかも、出来ないけど)

 妹が早く寝たので心配の姉とゆっくり話が出来ました。

 心配なのは朝は赤ちゃんがえり、お腹が痛いと言う毎日なんです。

 姉の話では同じ教室だけど、テーブルも別で姉の席からは見えるけど妹からは死角みたいなんです。

 保育園でも姉は姉なりに妹が心配なんだ。

 先生の話からでは問題のあることしか見えないけど、本当に問題なのは重要視されない妹かも。

 

 お話に疲れて姉は寝ました。

 姉といっても3分しか違わない姉妹なのにお姉ちゃんなんだな。しかも30週で奪い取ったのに。

 GCUから連れて来れずに妹は病院から3日遅く退院したけど、その頃から大人しく待っていた姉はやっぱりお姉ちゃんなんだ。

 私も双子に生まれたかったと思うママでした。

 

 

| | コメント (2)

二人と公園

二人と公園

 たそがれる3歳の双子。

 向こうにはチューリップが咲くのを待ってます。

  この公園、4月のはじめに遊具が登場!!
  いつか双子と行こうと楽しみにしていたママが見た札が「芝生育ててます!」の看板でした。道からは楽しい赤色や動物の乗り物が多く、遊ぶ双子を夢見ていたのに。
 地元に無いぐらいお洒落で、楽しそうなのに使用禁止の札がいっぱい。特に見せたかったのが双子の滑り台。また来ようね。
 
 
 怒ったふたりと他の公園に行きました。
 同じ様な親子がいっぱいいました。
 今日の保育園での2人は「ママがいない」と泣いて寝ない妹と興奮して寝ない姉だったそうです。
 
 保育園も1週間。
 家と保育園ばかりの2人には気分転換の文字も無く、終わってます。
 今日は2人に保育園の事を聞いても何も答えずでした。
 妹はママを見ると涙が出るようです。
 本当はママだって家でばあちゃんとだと何をしていいのか。掃除も家事もわが家はばあちゃんのお仕事だし。
 
 ずっといた友達がいなくって寂しいんです。
 仕事ばかりで家にいたことの無い(休みはお出かけが多い)ママには毎日が何をしようか悩みなんです。
 今日の公園、近いけどほとんど行きません。
 鯉もいたし、滑り台も楽しんだし、まつぼっくりを拾って遊んだし。
 二人以上にママが楽しかったです。
 帰りに迷子になってたどり着いたのが前に行っていた支援センターでした。
 2人はもう行けません。保育園、幼稚園児は行けないそうです。
 
 本当は子供のためって出歩いていた頃が1番楽しかったのかなと思い始めました。
 
 
 

| | コメント (2)

姉の保育園日記

 今日で1週間が過ぎました。

 お帰りも3時半まで見てもらえることになりました。

 先週末にボロボロだった妹は、結構良い子に保育園に行きます。

 問題児は姉のほうです。

 4日目。

 姉は「お腹が痛い。保育園を休みたい」と何度も言い出しました。

 姉、赤ちゃん時代は「この子だけなら静かで良い子」と言われていたけど保育園で明るく元気な子に変身をしたのです。

 この子だけは「保育園に行く」と何度も行きたがり、ほかの子が未満児教室に通っていると知ると「ママ、私も行きたいの。」としきりに言いました。

 だから親も馴染むのが早いと思ってました。

 朝ご飯も食べないと拒否。「薬だよ」とオレンジをだまされて飲んで元気になりました。

 靴も脱がないで、寂しそうな姉。親が脱がせてやっと送り出しました。

 妹は自分で靴を履き教室に向かいました。 

 帰りに、仕事の用事でギリギリに帰宅してお迎えをしたママに「おたより帳を見てください」と言われました。

 朝の支度が全く出来ない。ビデオを消す。

 この子の最も苦手な分野がおかたずけなんです。言われてロッカーに隠れてしまったそうです。

 ビデオはアンパンマンにしょくぱんまんが出てないから消したそうです。

 (双子に色々園の話を聞いた中で分かりました。)

 ばあちゃんとママは姉に相当怒りました。

 自分のマークにかばんを置くんだよ、ビデオは皆も見ているんだから消しちゃ駄目だよ。

 しょくぱんまんがパトロールに見に行っているんだからねと絵を描いて説得しました。

 妹にも「共同責任」と注意係を頼みました。

 そして、部屋のDVDも取り上げました。

 今日も行きたくない、姉。

 ご飯もママに食べさせてもらう状況。人1倍、人の気持ちが分かる姉には家族のプレッシャーが重たいんだと思います。

 足が痛いから歩けないと今日は拒否。

 でも、登園させました。 今日は2人して靴は脱ぎませんでした。

 姉は「お絵かきとかしないんだよ」とつまらないと話します。ママは幼稚園の方が本人にも合うと前から思っていました。

 妹は「バスで保育園に行きたかった」と何度も言います。(赤ちゃん時代は近すぎるけどバスを出してもらってました。)

 今日からお昼寝が始まります。

 姉は寝れないんです。パパもばあちゃんも睡眠時間が6時間ぐらいだから遺伝だし。

 

 まだまだ、試練が続きます。

 でも、家族で仕事に行って夜に帰ってくる人がいないのに毎日保育園に行く双子は偉い!!とママだけは思います。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

| | コメント (0)

仕事の前に

仕事の前に
新しい職場に用があり行きました。

桜は地元のシダレ桜です。これをゆっくり見たかったんで早く出かけました。

素通りを三年してやっと見れました。

| | コメント (4)

再入園でも登園3日の2人

 2人の土日は対照的で

 精神的に不安定でドライブでも具合の悪くなる妹

 保育園に入れた自慢をする元気な姉

                           でした。

 妹はとにかく泣いたり微熱(37℃)出たりしてましたが帰ってきたパパさんと出歩く姉が羨ましいんでなおさら悪化してました。仕事が忙しくパチンコで負けたパパも機嫌が悪いままの帰宅でした。

 普通はお便りに書くのかもしれないけど・・、そのまま登園させました。

 担任の先生との保育1日目。

 双子を置いてダッシュで帰ってきました。

 子供が泣くとかでなく先生と話はしたくないんです。

 娘の担任は赤ちゃん組の時も担任でした。

 毎日会うと「何にも出来ない子達ね」と言われてきて、姑はその先生に会いたくなくって蕁麻疹も作り最終的には自主退園をさせたぐらい揉めた原因だったんです。(先生は知りません。)

 娘達を褒めてもらったこともないし、旦那のいない家で姑とのハザマにいる私の問題の種でした。

 10日以上休んでも園から連絡もなかったし。園長は若いんで何も言えないはずだし。 

 今日も11時にお帰りなんで迎えに行きました。

 先生に会うんだ、と思うと親が辛い。

 帰りは今日は雨で長靴の子が多く、帰りたいからすぐに履くのに双子は靴が上手く履けないで最後になってしまいました。

 「2人とも、私の話も聞かないで勝手に遊んでました」と言われました

 双子は前にいたのは3ヶ月間で辞めて2年、先生のことは忘れているし。

 結局、泣きながらのお帰りでした。保育園では泣かないように頑張っているんでしょう。

 

 2人に「何したの」と聞いても   無言

 

 

 妹は帰って1時間泣いてました。

 怒られたのかな?でも、3日目で泣かないで笑顔で行くだけでも褒めて欲しいな。

 姑にも話しました。「厳しくするって手紙にもあったでしょ。」と言う姑は何度も妹に励ましてました。

 

 きっと明日は行かないと怒りそうです。気持ち分かるけど。

 給食が始まるからそれを餌に連れて行こうかな。

 水曜に用事で迎えにいけない可能性があるんで明日はばあちゃんと行きます。

 保育園、優しい先生も多いですよ。

 鬼の先輩に叩かれて育った私は厳しい方がいいかもしれないと思うけど、まずは保育園を好きになってもらうのが1番なんじゃないかな、と思いました。

 

 

 

 

  

 

 

 

                

| | コメント (4)

桃太郎さんと2人

 今日は初登校日でした。

 双子にはいつもより早く起床をさせたのに ばあちゃんがご飯を炊くのを忘れていたらしい。(ご飯は姑の担当。本当は寝坊したんだろうな)

 なんとか支度をして、登園。

 すぐそばなのに双子とだととても遠い保育園までの道を3年間通います。

 何分もかかり保育園にたどり着きました。

 保育園には保育園児と新1年生の山でした。

 今日が小学校の入学式で2000年生まれで子供の数も多いらしく、思わず名札を見てびっくりのクラス数でした。保育園も卒園園児が多かったそうです。

 

 保育園では先生が「在園児は自分で自分の物を置くようにしてます」と言われたから教室まで行ったのに、慌てている先生が「こっちでします」と言われて帰りました。

 泣いてこないかな。

 でも、泣かないように保育園に慣れるように開放保育園で慣らしたし。

 泣いたら抱っこしてあげるのに。

 2人は昨日見たSLマンのぬいぐるみのしょくぱんマンとお友達に夢中。

 ママよりしょくぱんマンなんだ。

 トボトボ自宅に帰ったママは、お部屋でお掃除中。

 洗濯を大量にして、洗濯機に向かうと ほっとしたような寂しそうな姑さんがいました。

 多分、私らが赴任先に行くとこんな顔で家に居るんだろうな。

 私よりばあちゃんが寂しいのかも。

 姑は親戚と電話をしたら市内で同じ給食だとか、給食に興味津々。

 昨日もご飯を食べながら見ていたし、面白いんだろうな。

 娘達も「早く給食にならないかな」と待っているぐらい美味しいらしいです。

 近いから脱走して帰るか心配のママが掃除中に子供の無く声が止まらない。

 「やっぱり、初日から脱走?!」と思ったら、疲れた1歳児の先生方がお散歩中でした。

 姑さんも気になったようでした。

 やっと2時間の保育が終了で迎えに行くが、誰もいない。

 皆さんは車で待機してました。初めて預けた日は親が泣いたな。

 

 先生が走り来ると後ろにいっぱいの子供がドアに閉じ込められていて双子妹がこっちを見てニコニコしている。心配なのは妹の方で、精神的に弱いから大丈夫だったのかな。

 先生は「泣きませんでした」の報告だけでした。赤ちゃん組は食べ物や昼寝の時間など生活のリズムを全て書いたし先生も書いていたんで見るのが楽しかったけど、今回はシールの欄だけ。

 

 帰りたくない双子。

 帰ろうとすると公園に年長さんが遊んでました。

 一緒に遊ぶ2人を5分で無理やり連れてきました。

 泣く双子にご近所さんが「保育園に行ったのね」とお土産をくれました。

 

 地元の保育園なのに散歩コースの家から7年ぐらい!ぶりの保育園の新入生なんで、ご近所さんも楽しみにしているようです。

 「あんた達がいて保育園に行くのが見れて良かった」とおばちゃんが言ってました。

 もちろん、家の事情も分かるおばさんです。

 帰宅してまずお土産を食べた双子に保育園の様子を聞くと

 「滑り台とかつみきをしたの」「お友達がいっぱいいたの」 とウキウキ話す、姉。

 妹は「楽しかったよ」「さるって言われたけどサルじゃないと言ったんだよ」と言い話を聞くと、同級生の在園児の子(新入生の男の子は泣いてばかりだったそうです)がいっぱい入った中でも元気に遊んでいた妹と話したくって言ったようなんです。

 新入生が多い上に担任が休みだったんで先生達がヘトヘトだった様です。

 姉も「キジって言われたから名前を教えたよ」と何度も言ってました。

 

 桃太郎さんが好きなんだろうな。双子の区別が付くだけでもすごいよ。

 わたしなら「たっち」とか言いそうだよ。

 妹は、不貞寝をしてしまいました。

 姉は9時までお昼寝無しでした。

 親戚のおばさんたちがお祝いを持って来てくれてました。

 双子はまだキジとサルを気にしてます。

 でも、月曜日も行くそうです。

 

| | コメント (6)

二人と春祭り

二人と春祭り

 入園式の後にばあちゃんが作った赤飯を食べて出かけました。

 食べている途中にも花火が上がり、お祭りらしい日になりました。

  お祭りに行きました。
 一様、神社にお参りをしました。
 舅さんが生きていたら神社で双子が来るのを待っていたんだろうけど。ちなみに夜宮の日は家でじいちゃんは宴会だったと双子妹が話してました。
 双子は金魚が欲しいと泣いたのですが、他に関心を持たして逃げました。
 ママは「白アイス」を食べたかったので1個だけ頼みました。
 白アイスは砂糖水のシャーベットのようです。お祭りとか商店街の祭りしか出ません。私の親世代は商店街とかでも楽しみだったみたいです。
 他の地域で暮らしたママでしたが、DNAは跡取りのパパさんより地元に近いです。
 だからか、地域のお菓子屋さんとかお惣菜やさんがとても美味しく思います。
 ばあちゃんは地元でないんで、味も違うし。
 
 白アイスを楽しそうに食べる双子に小姑さんの旦那さんが気が付きました。
 いつも無口だけど優しい感じのおじいちゃん。
 笑って帰るのに今日だけは双子と楽しそうに話して帰りました。
 おじいちゃんはさっそく奥さんに話したそうです。次の日に話に来てました。
 「お金上げないでごめんね」と何度も小姑さんは言いましたが、お金よりおじいちゃんが嬉しそうなほうが双子も嬉しいです。
 実家に帰りました。
 双子は昼寝無しで遊んでました。
 帰ると「ずっと連絡をよこさなかった小姑さん(姑には4人の舅の姉がいる)が、お祝いをくれて電話をしたら遊びに来て!と言ってくれたの」とすごい嬉しそうでした。
 その小姑さんは去年自分が介護した娘さんを亡くし、自分も体を壊してました。
 親戚とも話したくないと誰とも連絡をしなかったけど双子にはお祝いをくれました。
 話すチャンスが出来て良かったみたいです。本当は実家に帰りたいらしいです。
 
 「本当は皆と楽しく話したのだろうね。」とばあちゃんは話してました。
 双子が地元に残る意味を改めて思う日でした。
 周りのおじいちゃんおばあちゃんの楽しみで双子がいれるように、挨拶だけはきちんとしつけたつもりです。
 夏祭りはもっと派手です。
 でも、ママはまた白アイスです。実父も好きらしいです。
 

| | コメント (2)

喜怒哀楽の入学式

 双子姫さんたちが入学しました。

 入園したのはお寺の保育園。30人近いお友達との入園式に行きました。

 入園式の日だけ寒く、ママは風邪を引きそうでした。

 双子姫さんにしてみれば、やっと前の保育園に戻れた気分でした。

 1歳から3ヶ月入れていたのでウキウキの2人は「保育園ごっこをしよう」と嬉しそうです。

 入園式では写真を撮り、在園児達に一人一人紹介がありました。

 2人は元気にお返事。

 担任の先生は・・・。ばあちゃんが得意でない先生でした。

 ばあちゃんにお迎えを頼むのは絶望的な状況です。報告の方法を妊娠を姑に告げる時以上に悩みました。

 だったら他にいいれればいいのに。

 もしかしたら在園児だった双子と在園児の力の差はすごいなと改めて思いました。

 オムツも全て取れてお話もじーと聞ける3歳児とわが家の子。

 

 保育園の帰りに園の庭で楽しく遊ぶ双子。

 他のお母さんの「家の子、本当に大丈夫か心配だ」とか「ふりかけがないとご飯を食べないのに心配だ」とか話しかけられました。

 娘の担任が「お久しぶり」と私に声を掛けたから保育園ママのプロに見られたみたい。

 

 信じているのは、ここの保育園は厳しい。

 ふりかけも他の子が食べればいらないかもだし、そのうち慣れる。

 オムツもすぐに取れる。

 でも、子育てに必死だった時間が急に無くなり心が寂しいのは現実。

 妊婦時代の友達が「寂しいよ。」とメールが来るようになりました。

 

 そして、わざわざ赴任先の入学式を教えてきたパパさん。

 私はその子たちの幼稚園に入れたくって調べていたんだけど。お母さん達の楽しそうな顔を見たらメールしたくなったそうだけど、教育の園だから将来も安心できるんだろうな。

 複雑なママ。帰って道具にやっと名前を書きました。

 6月のブログに書いているが、双子の入園には色んな幼稚園を見に行きました。

 隣の区に住む実家の近くの幼稚園を探してました。でも、大きな橋があり渋滞もすごいので園バスが出せないとの返事でした。

 どこに入れたかで無く、双子にとってどこが良かったのか。と思うと今の園だと思い始めてます。

 

 

| | コメント (2)

3歳半検診と2人

 やっと取れた物と一緒に検診会場に行きました。

 ばあちゃんに1度は丁重にお断りしたけど、一緒に行くことになってました。

  双子と世間体1番の70代のばあちゃんと行く検診となった。

 今日は春祭り。

 お宮が近道だから行くと、お店がいっぱい。

 だからか、明日は午前が保育園の入園式で午後は小学校。

 祭りにいけるようにかな。

 何とか着くと駐車場もギリギリセーフ。

 家の地区は他の地区に比べて子供がすごい少ない。今回も40人ぐらいらしいです。(他なら100人はいるんだろうな)

 今年の県内の土地の下落率トップ10のうち3箇所が我が家の近くで、もっと少子化は進みそうです。隣の区の幼稚園バスよりデイケアのバスの方がお迎えが多いし、来てくれるし。(デイケアバスは同じ区のが遠いのに多いので、勤め先を隣の区にした最大の理由です)

 

 検診では問診の後に小児科の先生の診察で身体測定でした。

 

 身長89cm、体重12kg(二人の差は小数点の下ぐらい)のチビなのに、グラフの正常の子に入れた。

 生まれも小さいし、服は90cmを2年着た。どう見ても2歳児。

 ママの心配は「もうこはん」。もうこはん、妊娠中にお腹ですれていた部分のあざですが。

 一卵性の双子を普通分娩で産んだのですが、もうこはんがすごかったんです。

 2人とも背中いっぱいありましたが、所々に色が落ちない部分があり心配をしてます。

 姉がプールでフリルが無い水着だと見える位置にあるんで、気になるんです。

 「5歳まで変わらないなら整形外来に来てください」と言われました。

 後、2年半で本当に落ちるんだろうか。

 双子さんはほくろとか副耳がある可能性が高いらしいです。

 双子姉には耳のおでき(副耳)がありますが、NICUの先生が「神様が間違えないように与えた印なんで大きくなってから取った方がいい」と言う考えでまだ付いてますが便利です。妹には足にほくろがあります。 

 体重差200gで身長もミリ単位でしか違わなきゃ、見分けも無理です。

 その後はすぐに歯科検診。

 虫歯が無いのはいいけど、何でフッ素を受けないか質問攻めにあいました。

 

 動きたい二人。友達がフッ素をして歯ブラシを貰うのを羨ましく見ていました。

 

 全部終わると、保健婦さんの相談時間。相談すること無いんだけど。

 早く帰りたいばあちゃん。遊びに夢中な双子。

 なかなか順番が来ませんでした。

 結局、最後になった2人(5人ぐらい後にされた)は玩具をかたずけるときに投げたら保健婦さんに怒られたとばあちゃんが言ってました。

 玩具も全ての受付が済んでから到着して、すぐに問診の双子の前に出されて止めるのにばあちゃんと必死でした。最後は娘達がいるのに「もうおしまいだよ」とかたずけをして双子は相当怒っていたようです。

 

 

 娘が生まれた頃は

 2500g以下  保健婦さん1軒に2回。双子でも2回。

           (基本で問題があれば回数は増加です)

           助産婦さんが来て欲しい時は自腹で¥3500

 2500g以上  助産婦さん3回、無料。

 保健婦さんは地域の保健のお仕事、助産婦さんは赤ちゃんやお母さんのお仕事なのに、小さく産んだからって自腹で助産婦さんを呼んだ上に回数も保健婦さんも2回でした。

 子供が5ヶ月ぐらいの時に「自宅に子供を見に来て欲しい」と保健婦さんに電話で頼んだら「子供も連れて相談があれば相談の日に来てください。」と言われたけど、一人で行った私はもっと惨めになりました。

 保健婦さんがそれから苦手です。

 検診のたびに思うのは 双子なら普通の2倍は親のことを見て欲しいと思います。訪問も2回×2の4回は見に来て欲しいです。特に友達も呼べない環境の私は来て欲しかったです。

 

 明日は入学式です。

 張り切っているのは、ばあちゃん。入学式の衣装をまだブツブツ言ってます。

 明日は雪らしいです。しかも、終わると姑のお赤飯を食べてお祭りに行くらしいです。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

検診に必要なのに姉は出ない

 3歳半検診がありました。

 検診に持って行くものが「検尿」

 オムツの2人は出たの報告も無いけど無理やりトイレでさせている。

 朝から検尿の為にトイレに連れて行くママに妹はすぐに 合格

 姉は、失敗ばかり。

 明日からの保育園の緊張と今日の検診のドキドキ感から 37.1℃

 連れて行き3回が失敗。

 時間残り30分、飲み物を姉のお気に入りにして出すのを促した。

   また失敗。おむつにしないで!!

 残りもわずか。

 ママはまた飲ませてトイレに座らせる。

 オムツの子にはオムツの子の検査の物があるらしい、貰えばよかった。

 

 3歳半検診は地域で月1回。合併した区では2箇所しかない。

 もし持っていかなかったら、遠い区役所の近くの保健所まで行くんだろうか。

 家は、隣の区役所が近いけど管轄が違うから行けない。(注射やフッ素はいいらしい)

 とにかく、お昼のかたずけもしないでトイレで待機。

 私のでもいいですか?

 検尿は腎機能を調べるために大事な検査。

 入院中に子供さんに生体腎移植したママサンと同室だったことのあるママさんから色んな話を聞いたけど、親子で大変みたいだった。

 自分が腎臓移植してもらったママサンの食事は本当に可哀想だった。

 行く、1分前に出た物を持ってギリギリの検診会場にばあちゃんと行きました。

 姉は頑張りすぎたのか潜血が出たけど正常範囲だったそうです。

 隣で「取れませんでした」と言う親子にも会いました。

 

 多分、取れないともう1度来るんだろうな。

 

 

 

| | コメント (0)

パパがいなくとも良いらしい2人

  

 今週末はパパ不在。

 木曜日に会社に出かけたパパさん。

 本当は「帰ってきて!!」と言う言葉を待っていたかのように土曜日の午前に電話が来たけど2人はいなくともいいらしい。

 土曜日のお昼の定番は上のパン。

 妊婦時代、仕事の帰りにいつもパンを買いお腹を満たし帰ると寝ていた。

 前の職場はパン屋さん激戦区で、そのなかでも「パンドメルソ」がママのお気に入り。

 でも高いから買えずに他のパン屋さんと4軒を交代に買いに行っていたけど、久しぶりにパンドメルソでパンを買い二人に上げると、このパンのとりこになってしまった。

 地元には二軒のパン屋さんがあり、静かな商店街で週末に車の行列があるが、1軒にいつもあるんで2人に食べさせている。

 日曜も朝からお電話。

 誰も帰れと言わないので赴任先にいるパパさん。

 日曜日は、時刻表を使った探偵番組にはまって2人でマネをしていた。

 その後のガラス作りもやっていた、二人。 2人でいれば楽しいらしい。

 日曜日から4月。

 わが家は区になった。

 双子が保育園に籍を置くことになった。

 そして毎週の「今週は赴任先に連れて行ってくれるんでしょ」と聞くことも無く、毎週地元に残ることになった。

 双子とドラマにはまっている。

 砂時計 で先週に主人公が実の父と東京で暮らすか、祖母と島根で暮らすかで悩むシーンで祖母が都会に行きなさいみたいな事を言った。

 思わず泣いてしまった。

 姑がその言葉を言えば今頃は家族で桜を見て新しいアパートに暮らしていたかも知れない。(地元はまだですが)

 5日の入学式まで後わずか。

 入学式の後はお試し保育を4日して、普通に保育園児。

 

 どの選択が良かったか分からないが、二人にとって毎日が楽しく過ごせるといいな。

| | コメント (4)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »